ここから本文です

相手がゴロリと1回転…元WBA王者が与えた“回転ダウン”にファン衝撃「ビーストだ」

8/13(火) 14:05配信

THE ANSWER

スーパーフェザー級10回戦、元WBA世界同級王者ジェイソン・ソーサが7回TKO勝ち

 選手が1回転するほどの強烈なダウンシーンだった。10日に米フィラデルフィア・リアコーラスセンターで行われたボクシングのスーパーフェザー級10回戦で、元WBA世界スーパーフェザー級王者ジェイソン・ソーサ(米国)がハスキル・ローズ(米国)に7回TKO勝ち。3度のダウンを奪った瞬間を、米興行大手・トップランク社が公式インスタグラムに動画付きで公開している。

【動画】「ビーストだ」とファンも転がるほど驚いた!? 元WBA王者が与えた“回転ダウン”の実際の動画

 この試合前まで22勝15KOの31歳が魅せた。距離を詰めたソーサは強烈な左フックをお見舞いすると、ローズは後頭部を打ち付けるように後ろ向きにダウン。なんとか立ち上がる相手に対し、ソーサは容赦せずに襲い掛かった。2度目のダウンで膝をつかせると、衝撃シーンが生まれたのはこの後だった。

 強打の元王者がえぐり取るようなボディーアッパーを叩き込んだ。カウンター気味の一撃に、ローズはたまらず尻もちをつくと、勢いそのままにゴロリと1回転。ロープに手を置き、苦笑いを浮かべてなんとか立ち上がったが、勝敗は決した。

 ソーサが所属するトップランク社は、公式インスタグラムとツイッターに動画を公開。「ジェイソン・ソーサがハスキル・ローズを3度沈め、TKO勝利」と記したインスタグラムの投稿に、ファンのリアクションが集まっている。

「最初のダウンで頭を(マットに)強く打っているな」
「最初の跳躍レフトは完璧だ!」
「ソーサはビーストだ」
「なんてこった」
「ワオ」
「彼は勇気がある!! 強烈なパンチをいくつか受けたが、立ち上がった」

世界王座返り咲きへ、次はWBC王者がターゲット「タイトルが必要だ」

 試合の様子を伝えた「ボクシングニュース24」は、会場に1723人のファンが集まったことを冒頭で紹介。ソーサは「非常に満足だ。やるべきことを全てできたと思う」と語ったという。WBC5位、WBO6位、IBF15位にランク入りする元王者は、世界王座返り咲きに向けてこう息巻いている。

「改善の余地はある。だた、我々は再び最有力の挑戦者となった。タイトルが必要だ。ミゲール・ベルチェットに挑戦し、WBCベルトを手に入れたい」

 2017年4月にワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との一戦から2連敗を喫したが、この勝利で再起後3連勝を飾った。次はメキシコのWBC王者がターゲット。猛者の集まるスーパーフェザー級でファンを興奮させるファイトを続けていくつもりだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/14(水) 11:35
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事