ここから本文です

ナイトZOOにナイトアクアリウムなど!暑い夏にピッタリの夜デートスポット3選 in 愛知[生き物編]

8/13(火) 8:00配信

ウォーカープラス

夏はどこへ出掛けても暑くて耐えられない!そんな人には、涼しくなる夜のおでかけがおすすめ。水族館や動物園など、夏限定で夜間の入館、入園ができるスポットもある。そこで今回は愛知県で夜のデートにピッタリのスポット3つをご紹介!

【写真を見る】夏限定の夜の動物園や水族館へ出かけよう!イルカのナイトパフォーマンスや夜の動物の様子はこちらをチェック!

■ マイワシのトルネードがサマーバージョンに

●「サマーナイトアクアリウム」/名古屋港水族館(名古屋市港区)

「サマーナイトアクアリウム」期間中は、名古屋港水族館の営業時間を20時まで延長。館内が昼間とは違う幻想的な雰囲気に包まれる。照明をできる限り落とし、ロマンチックな空間を演出する南館(一部エリア)がおすすめだ。イルカのナイトパフォーマンスや約3万5000匹のマイワシがエサを求めて泳ぐ、マイワシのトルネードにも注目だ。

■サマーナイトアクアリウム / 期間:2019年7月20日(土)~9月1日(日) / 会場:名古屋港水族館 / 住所:愛知県名古屋市港区港町1-3 / 電話:052-654-7080 / 時間:9:30~20:00(入館は60分前) /休み:月曜(祝日の場合翌平日)、9月まではなし / 入館料:大人2000円、ほか ※17:00以降は大人1600円

■ 人気の動植物園で涼しい夜を満喫!

●「2019東山動植物園ナイトZOO」/ 東山動植物園(名古屋市千種区)

夜の動物たちの姿が楽しめる人気イベント「2019東山動植物園ナイトZOO」。ゾウやキリン、シマウマなど、夜の動物たちの姿があらわになる。飼育員による楽しいアニマルトーク(各動物舎17時30分から、ほか計4回)やナイト遊園地など、イベントも盛りだくさんだ。アルコールなどを販売するビアガーデンもあり、夕涼みに最適だ。

■2019東山動植物園ナイトZOO / 期間:2019年8/10(土)~12日(祝)、14日(水)・15日(木)、17日(土)・18日(日) / 会場:東山動植物園 / 住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70 / 電話:052-782-2111 / 時間:9:00~16:50(入園 ~16:30)、イベント期間中は~20:30(入園 ~20:00) / 休み:月曜(祝日の場合翌平日) / 入園料:高校生以上500円ほか

■ 今年初登場の夜のキリンに会いに行く!

●「ナイトZOO」/豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知県豊橋市)

毎年恒例の夜間開園「ナイトZOO」。暗くなった園内がライトアップされ、夜の動物たちが観察できる。今年から動物園エリアに、キリンとゾウが加わりパワーアップ!植物園エリアの温室のリアルナイトジャングルでは、光と音の演出で幻想的な雰囲気が楽しめる。期間中、遊園地は遊具が乗り放題になる。スイーツやグルメなどを販売する星空グルメガーデンも毎年人気だ。

■ナイトZOO / 期間:8月10日(土)~18日(日)、24日(土)・25日(日)、31日(土)、9月の土日祝 / 会場:豊橋総合動植物公園 のんほいパーク / 住所:愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238 / 電話:0532-41-2185 / 時間:9:00~16:30、8・9月は8:00~15:30、ナイトZOOは17:00~21:00(入園は30分前) / 休み:月曜(祝日の場合翌平日) / 入園料:高校生以上600円ほか、ナイトZOOは高校生以上1400円ほか(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

最終更新:8/14(水) 7:57
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京・最強コスパ飯
焼肉の名店
カジュアル借金のワナ
美術館カフェに行こう。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事