ここから本文です

「殺人分析班」シリーズ最新作が放送決定! 木村文乃「地上波では絶対出来ない展開です!」

8/13(火) 6:00配信

ザテレビジョン

大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズの最新作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」が、11月よりWOWOWプライムで放送されることが決定した。

【写真を見る】スピンオフ作品「悪の波動―」について、木村文乃は「こんなに愛されたのも、トレミーを演じた古川雄輝さんのお人柄もあってのことだと思います」とコメント

麻見和史による小説「殺人分析班」シリーズを原作とする本作は、「石の繭」(2015年)、「水晶の鼓動 殺人分析班」(2016年)と過去2回WOWOWにて実写ドラマ化された同シリーズの続編。

これまで捜査一課の刑事・如月塔子(木村文乃)が、仲間と共にさまざまな事件に立ち向かう姿が描かれてきたが、今回は「遺体の首に青い花が活けられる」という、シリーズ史上最も難解な猟奇殺人事件に挑む。

また、相棒であり上司の高野秀昭の異動が決まり、その日が数日後に迫る中での塔子の自立も描かれていくことに。さらに、ドラマオリジナルキャラクターとなる法医学者・相羽町子も新たに登場し、本作を盛り上げる。

■ シリーズおなじみの顔ぶれが再集結!

主人公・如月塔子を演じるのは、前2作に引き続き木村文乃。1作目では新米刑事だった塔子が本作では大きな成長を遂げる一方で、頼りにしていた先輩刑事の異動と、難解な事件の捜査の行き詰まりによる不安と葛藤を表現していく。

監督を務めるのは、前2作と10月6日(日)にスタートする「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(WOWOWプライム)に引き続き、シリーズの世界観を構築してきた内片輝。また、濃厚な刑事ドラマを世に送り出してきた穴吹一朗が脚本を手がける。

ストーリーのみならず、本作は全編4K-HDRでドラマ化されることも決定。よりリアルで臨場感あふれる映像体験も、本作の大きな見どころとなりそうだ。

■ 如月塔子がスピンオフ作品に参戦! “トレミー”との初遭遇シーンも

そして、シリーズ初となるスピンオフ作品「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」に、如月塔子が登場することも明らかに。

同ドラマは、シリーズ第1作「石の繭」で「モルタルで体を固めて殺す」という犯行で鮮烈な印象を残した“トレミー”こと八木沼雅人(古川雄輝)が、いかにして冷酷な殺人鬼になったのかを描く前日譚。

時間軸としては「石の繭」直前の物語であり、石の繭殺人事件の犯罪計画を企てていた八木沼(劇中では「野木直哉」と名乗る)が、塔子に初めて接触するシーンも描かれるなど、完全オリジナルのストーリーとなっている。そちらも併せて注目しよう。

■ 木村文乃コメント「塔子の新たな葛藤と成長をお届けしたいと思います」

――「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で、3度目の如月塔子役を演じることが決定した際のお気持ちをお聞かせください。

「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」から「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」を経て4年経った今、「殺人分析班」のメンバーが1人も欠けることなく集まってくださいました。

こうして喜びと闘志を感じられるのも、待っていてくださった皆さまのおかげだと言うことを胸に、塔子の新たな葛藤と成長をお届けしたいと思います。

――3作目となる本作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」に期待することはどのようなことでしょうか。

それぞれの部署が誇りとプライドを持って妥協することなく挑みます。海外にも負けない質感と、地上波では出来ない展開で見て下さる皆さんにサプライズを贈れたらと思っています。

――スピンオフ作品「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」が生まれたことについて。

こんなに愛されたのも、トレミーを演じた古川雄輝さんのお人柄もあってのことだと思います。

――視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

お待たせいたしました! 3度目の、重く熱い夏がやってきました。皆さんの応援に背中を押していただいて、良い作品に出来るよう最高のスタッフ陣と共にまい進して参ります!

■ 「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」ストーリー

警視庁捜査一課十一係の刑事・如月塔子(木村文乃)は、自身が最も信頼する先輩刑事・鷹野秀昭の公安部への異動が決まり、その日まであと1週間を切る中、資産家宅で発生した惨殺事件を捜査することに。

遺体の首は切り裂かれ、“青い花”が活けられていた。資産家の妻・真弓は行方をくらましており、「クラスター16」と名乗る犯人から新聞社宛に、真弓の居場所を示唆するメールが届く。

次々と起こる殺人事件と犯人に翻弄され続ける警視庁と殺人分析班。鷹野の異動があと数日に迫る中で、塔子に寄せられる期待と責任も大きくなっていく。だが、期待とは反対に事件の捜査は難航。袋小路にも思える展開に、塔子は焦りと不安が募らせる。

果たして、塔子ら殺人分析班はこの猟奇殺人事件を解決することが出来るのか。そして最後の最後に誰にも予想できない、驚愕のラストが待ち受ける…。(ザテレビジョン)

最終更新:8/13(火) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事