ここから本文です

横浜流星、同級生トークで大盛り上がり!温泉好きの一面も判明

8/13(火) 13:15配信

ザテレビジョン

9月6日(金)より公開される映画「いなくなれ、群青」の完成披露試写会が8月12日に東京都内の劇場で開催され、横浜流星、飯豊まりえ、黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、柳明菜監督、音楽を担当した神前暁が出席した。

【写真を見る】同級生トークで大盛り上がりする横浜流星ら

本作は、河野裕による小説が原作の青春ミステリー。謎だらけの“階段島”を舞台に、そこで暮らす主人公・七草(横浜)と、七草の幼なじみ・真辺(飯豊)の交流を描く。

飯豊&松岡、横浜&矢作が、高校時代のクラスメートだったことが明らかとなったこの日のステージ。飯豊が「広大くんは学級委員だった。多くは語らないんだけど、いざというときに名言を残す。みんな広大くんに付いていく感じだった」と振り返ると、松岡は「早く帰りたかったので、学級委員やりますって言った」と照れ笑い。矢作は横浜について「七草と真辺の両方を持っている感じがする。陽な感じと、陰な感じ」と高校時代の横浜についてコメント。周囲も「いろいろな側面がある」と続ける中、横浜は「はい、僕は二面性があります」とお茶目に語り、松岡は「流星くんは、温泉に入るとすごい笑顔になります」と楽しそうに横浜の素顔を暴露していた。

高校の同級生トークで盛り上がり、フォトセッションでも笑顔を弾けさせたメンバー。最後のあいさつで横浜が「映像が美しくてステキで、観てくださる方々がどっぷりとハマれるような美しい世界観がある」と口火を切りつつ、思い出し笑いをしてしまう一幕も。「すごかったのよ、君たちの盛り上がりが!」と話し、これには会場も爆笑だった。

(ザテレビジョン)

最終更新:8/13(火) 13:19
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事