ここから本文です

相葉雅紀、“家系図バラエティー”MCの裏でスタッフを感激させた行動とは

8/13(火) 18:49配信

ザテレビジョン

日本テレビ系で8月13日(火)に放送される「はじめまして!一番遠い親戚さん」(夜7:00-8:54)。相葉雅紀が日テレ系で初の単独MCを務めるこの特別番組の見どころを紹介する。

【写真を見る】宮川大輔の横に積まれた資料が相葉雅紀の進行を支える

この番組では、斎藤工、陣内智則、羽鳥慎一、宮川大輔、吉田沙保里、IKKOらゲストたちの、本人も知らない遠縁の親戚=「遠い親戚さん」を徹底的に調査。スタジオに登場する巨大な家系図を基に、意外な人物と番組を通じて会う。言うなれば、家系図バラエティーなのだ。

■ 驚きの繋がりにスタジオ仰天!

斎藤の親戚取材では、カメラが異国の地へ渡り、羽鳥の親戚は、「元・日テレ女性アナウンサー」の可能性が浮上し、その真実を追い求めるスタッフの映像を見ると、バラエティーというよりドキュメンタリーのような疾走感を感じる。

一方、宮川は収録冒頭「僕は親戚同士でLINEグループがあるくらい仲が良い。すぐ20人くらい集まりますよ!」と自身の親戚事情に自信たっぷり。「番組に驚かさせることはない」と言いたげであったが、VTRで紹介されたある親戚の偉業に仰天。見事なフリとオチで、自身の家系図を見て叫びまくる展開に。そんな宮川のリアクションに相葉ら出演者は大爆笑し、収録は盛り上がりを見せた。

ほか、IKKO、吉田、陣内たちの親戚事情も、「人と人」の繋がりの面白さや家族の尊さを感じさせるエピソードが続く。

■ 相葉雅紀が手にする資料に注目!

それぞれの壮大な相関図がどれだけ奥深いものか、MC・相葉の解説ぶりがこの番組のカギを握っている。

相葉の手には収録中も分厚い資料があり、出演者の中で唯一その情報を知る彼の責任は重大だ。プロデューサーに話を聞くと「複雑な『○親等』の理解もそうですし、人の名前も間違えられませんし、本当に大変な役割です。ですが、相葉さんは、事前の打ち合わせから一生懸命にスタッフの収集した情報に耳を傾け、真剣に取り組む姿があり、うれしかったですね。資料に書かれていたことを、かなり勉強されていましたよ」と明かす。

■ 相葉が収録中にタジタジ!?

そんな相葉のことを知ってか知らずか、IKKOらは「私の親戚はね…」と濃厚な情報を話し始めて、相葉も「(段取りがあるから)その話、ちょっと待って!」と焦りまくる一幕も。

番組が伝えたい家族の温かさや繋がりのすばらしさと同時に、相葉の奮闘ぶりにも注目だ。(ザテレビジョン)

最終更新:8/13(火) 20:46
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事