ここから本文です

米国の「バイオ・ゲノム企業」のすさまじい進化

8/13(火) 6:30配信

東洋経済オンライン

 足元、アメリカの株式市場が揺らぎ始めている。

 7月15日にダウ工業株平均株価が2万7359ドルの過去最高値を付けたのに続き、同26日にはNASDAQ総合指数も8330.21と最高値を更新した。

この記事の写真を見る

 先行きの景気減速懸念がささやかれてはいたが、本格化している4~6月期の決算もおおむね堅調で、主力株も新興株もともに好調を維持していた。

 ところが7月31日、連邦準備理事会(FRB)が10年半ぶりの利下げに踏み切ったものの、パウエル議長が追加の利下げを否定し、市場の期待を裏切ると、翌8月1日にはトランプ大統領がすべての中国製品に関税を課す制裁第4弾を9月に発動すると表明、連日の大幅な下落につながった。

 さて、前回まで3回にわたり、注目テーマとそれに関連するアメリカ企業の情報をお届けしてきた。最終回となる本稿では、バイオ・ゲノム関連を取り上げる。

 バイオテクノロジーといえば、ITと並んでアメリカが世界の最先端をいく産業だ。

 しかしこの分野は、研究開発に多額の資金や長い時間が必要なうえ、当たれば巨額の収益が得られるが、失敗すればすべてが水泡に帰すリスクの大きな世界だ。

 株価もそれを物語っている。この10年間のNASDAQ総合指数とNASDAQバイオテック指数の推移を比較したグラフを見ると、バイオテック指数は12年半ばより総合指数を上回って上昇を続けたが、チャイナショックや薬価に関するヒラリー・クリントン発言などの影響を受け2015年後半に大きく下落。その後の推移も、総合指数より振れ幅の大きな状態が続いている。

■バイオ医薬企業、各社で異なる得意分野

 バイオ医薬品企業で大手の筆頭と目されるのがアッヴィ(ABBV)だ。

 1888年創業で主にビタミンや静脈注射、麻酔薬などの製造で成長し、現在は栄養補助食品や後発医薬品、免疫検査・測定機器や血管系医療機器と多角経営を行っているアボット・ラボラトリーズ(ABT)から2013年に分離して誕生した。免疫疾患、ウイルス感染・C型肝炎、神経系を重点領域としており、主力の抗リウマチ薬「ヒュミラ」が収益の柱となっている。

1/5ページ

最終更新:8/13(火) 6:30
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事