ここから本文です

セキ・ユウティン、3年目の飛躍。 「思った以上に長い道のりだった」

8/13(火) 6:37配信

webスポルティーバ

セキ・ユウティンインタビュー(前編)

18歳にして中国女子ツアー(CLPGA)の賞金女王に輝き、2017年から日本女子ツアー(LPGA)に本格参戦を果たしたセキ・ユウティン。今季は、下部ツアーとなるステップ・アップ・ツアーを主戦場としているが、6月の日医工女子オープン(富山県)で初優勝を飾って、あらためて存在感を示した。愛くるしいビジュアルのみならず、実力も急成長中の彼女に、今季の躍進の理由を聞いた――。

【写真】人気女子プロゴルファーのフォトギャラリー

――今季は、QT(クォリファイングトーナメント)ランキング81位という結果によって、レギュラーツアーでのフル参戦は叶いませんでした。それでも、ステップ・アップ・ツアーで活躍。6月の日医工女子オープンでは、初優勝を飾りました。その時の率直な感想を、あらためてお聞かせください。

「ずっとがんばってきたので、優勝できてとてもうれしかったです。自信を持って、次の目標であるレギュラーツアー優勝を目指し、これからもがんばろうと思います」

――その日医工女子オープンでは、初日は57位タイと出遅れてしまいましたが、2日目、3日目とスコアを伸ばしての、見事な逆転勝利でした。

「試合前、上海で1週間ほどスイングの調整をしました。その成果もあって、初日からスイングの調子はよかったんですが、距離感がつかめず、グリーンオーバーすることが多かったんです。2日目以降、ようやく距離感がつかめ、自信を持って臨めました。初日が終わった夜に、妹と電話で話せたことも精神的によかったと思います」

――妹のセキ・ユウリさんもゴルファーですよね。

「そうです。妹は今季、中国ツアーに参戦しています。『初めて最終日を最終組で回ることになって、私、緊張しています』って電話がかかってきたので、私の経験をいろいろと話して、『大丈夫だよ』と励まして。おかげで、私も最終日は久しぶりの最終組だったんですが、妹に過去の経験を話したことで、いいイメージを持てたので、妹に感謝しなければいけません」

1/3ページ

最終更新:8/13(火) 6:37
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事