ここから本文です

タイ代表監督に就任した西野朗に宮澤ミシェルが期待「モダンサッカーを植え付けられたら、面白いだろうね」

8/13(火) 11:00配信

週プレNEWS

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第109回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、タイ代表監督の西野朗について。日本代表と同様に、今年の9月からW杯アジア2次予選を戦うタイ代表。そんなタイ代表の監督に就任した西野朗氏の手腕に、宮澤ミシェルは大きな期待を寄せているという。

*****

W杯アジア2次予選が9月5日からスタートだよ。ついこの間、W杯ロシア大会が終わったばかりの気がしていたけど、もう1年以上も経つなんて、あっという間だな。

アジア2次予選は、40カ国を5チームずつの8グループに振り分けて、各チームがホーム&アウェーで8試合ずつを来年6月9日まで戦う。各組1位の8チームと、2位になった8チームのうち成績上位4チームが最終ラウンドに進出する。

ミャンマー、モンゴル、タジキスタン、キルギスと同グループを戦う日本代表は間違いなく突破するだろうね。相手と実力差は大きいからこそ、森保監督がどういう選手を招集して日本代表を強化していくのかに注目しているよ。

日本代表とともに気になっているのが、西野朗監督が代表監督に就任したタイ代表の行方だよな。前回ロシア大会は日本代表をベスト16に導いた西野さんが、タイ代表をどう強化するのか楽しみだよ。

タイ代表はいい選手が揃っているからね。チャナティップはコンサドーレ札幌で主軸として攻撃を牽引しているし、横浜F.Mでティーラトンは不動の左SBになっている。FWには昨シーズンまでサンフレッチェ広島で活躍したティーラシンもいる。チームを強化するために鍵となるポジションにはいい選手がいるんだよ。

日本人監督が海外で監督業をするときは、日本との文化の違いなどに苦戦することもある。代表チームではなかったけれど、岡田武史さんも中国で監督を務めたときは苦労していたからね。

でも、西野監督の就任したタイは親日国だと聞くし、Jリーグでプレーする選手がいることで、国民も日本サッカーについて理解をしている。そうした国で指導をするのは、違う文化の選手を率いるなかでも、まだハードルは低いのかもしれないね。

ただ、それもこれも誰が通訳を務めるかにかかっている気もするよ。西野監督の言葉をきちんとタイ代表選手へと伝えられるかどうか。これは日本代表の監督に外国人監督が就任したケースを見てもわかることだよな。

タイ代表はテクニックのある選手が多いし、俊敏性もあるし、肉体的な強さもある。西野監督の持っているモダンサッカーを植え付けられたら、面白いだろうね。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 10:17
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.39-40
9月14日(土)発売

特別価格500円

原発は津波の前に壊れていた/急増確実!「
店外食い」の作法/堂本光一、13年ぶりの
ホンダF1優勝記念対談【グラビア】安達祐
実/小池美波/高崎かなみ/伊藤美来 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事