ここから本文です

津川友介/糖質制限に御用心 血管を守る「卵、肉、魚」の食べ方〈エビデンスからタンパク質を格付け〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

8/13(火) 6:00配信 有料

文春オンライン

津川友介氏

 卵を一週間に3~4個食べる人は全く食べない人に比べて心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高く、早死にする危険性がある――。

 今年3月、アメリカ・ノースウエスタン大学の研究チームが、世界の五大医学雑誌のひとつ「JAMA」に発表した論文に注目が集まっています。

 卵が健康に与える影響については、長らく賛否両論がありました。豊富な栄養素を持つ「完全食」として推奨される一方で、コレステロールが高いことから、「一日一個までにした方がいい」と教えられてきた人も多いのではないでしょうか。

 転機となったのは2015年でした。この年、厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準」で、食事から摂取するコレステロールの基準が撤廃されたのです。

 撤廃の背景にあるのは、最新の研究結果によって、「高コレステロールの食事を摂っても、それほど血液検査のコレステロール値を上げない」ことが明らかになってきたことでした。

 これによって、「高コレステロールの食事を控える必要はない。つまり卵はいくら食べてもいい」と主張する人が出てきて、ネット上では「卵一日一個まではウソ?」というタイトルの記事まで発表されました。 本文:7,121文字 写真:5枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

津川 友介/文藝春秋 2019年8月号

最終更新:8/14(水) 22:36
文春オンライン

おすすめの有料記事

もっと見る