ここから本文です

重岡大毅演じる恋する営業マンがキュート!「これは経費で落ちません!」の魅力

8/14(水) 16:00配信

Book Bang

 喜びを抱いて泣いて笑って生まれてきた皆さんこんにちは。暑い日が続きますが、ジャニ成分をたっぷりとって乗り切りましょう。ジャニーズ出演ドラマ/映画の原作小説を紹介するこのコラムでは、見てるだけで元気になる重岡大毅くん出演のこのドラマを紹介するよ。

■重岡大毅(ジャニーズWEST)・出演! 「これは経費で落ちません!」(2019年、NHK)

 原作小説は青木祐子『これは経費で落ちません! 経理部の森若さん』(集英社オレンジ文庫)シリーズ。2019年8月現在、6巻まで刊行中だ。石鹸メーカー〈天天コーポレーション〉の経理部員・森若沙名子が、領収書や伝票処理など社内の経理事務を通して出会う事件を描いたお仕事小説である。と同時に、20代後半の森若さんが、仕事とプライベートをきっちり分け、自分ひとりの時間を大切に暮らす〈シングルライフ小説〉でもある。

 原作は連作短編の形をとっており、そのままドラマにした回と複数のエピソードを組み合わせた回があった。これまで放送された分の対応原作はこうなっている。

 重岡くん演じる営業マン・山田太陽が、私的なデートを経費で落とそうとしているのではないかと疑われる第1回は、原作第1巻第1話「これは経費で落ちません!」から。広報の女性の公私混同と正社員になりたい契約社員を描いた第2回は、原作第2巻第1話「取材は広報課を通してください!」と第3巻第1話「これは経費で落としてください!」の合わせ技。岡崎体育さんが小狡い営業マンを好演した第3話は、第3巻第2話「逃げるなよ? 絶対に逃げるなよ?」を下敷きにして、そこに第2巻第3話「気にしないでいいよ、おごるから。出張手当入ったから!」の要素を少し入れていた。

 そして予告編を見た限りでは、今週8月16日放送予定の第4回は第2巻第2話「女には女の戦いがある……らしい……」と第3巻第4話「困ったなー。仕事もらえるなら、貸してあげてもいいけど?」がブレンドされていると思われる。っていうか、原作各話のタイトルが楽しすぎませんかこれ。

 原作より事件を派手にしたり(第1回)、大人の解決でふんわり終わらせた原作をスッキリ大団円にしたり(第2回)という変更はあるものの、ドラマは原作のエッセンスをうまく取り入れている。原作では一旦決着したと思った事件が後になって別の短編で再燃したりすることもあるが(なので順番をとばさず、刊行順に読まれることをお勧めする)、そういった物語の間のつながりをドラマでは実に上手に組み合わせていた。

1/3ページ

最終更新:8/14(水) 16:00
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事