ここから本文です

もう使わなくなったスマホはどうする?スマホを手放すときにやらなくてはならないこと

8/14(水) 8:03配信

Suits-woman.jp

各メーカーから頻繁に発表される新しいスマホ。そのため、型落ちしたスマホを誰かに譲ったり、下取りに出したりする堅実女子もいるでしょう。ですが、そんなときに気を付けたいのが個人情報の取り扱い。映画『スマホを落としただけなのに』ではありませんが、個人情報が漏れると取り返しがつかないトラブルに発展することも。そこで、ここでは、スマホの個人情報の消し方の正しい手順をアドバイスします。これで、人手に渡っても安心ですね。

個人情報が人手に渡る危険ってどんなこと?

最近よく耳にする個人情報流出の事件。最も身近なところでいうと、スマホに入っている情報が挙げられます。例えば写真ですが、位置情報を消していなければ、あなたがどこに住んでいるのか、どういうあたりが活動圏内なのか写真を見ればすぐわかります。写真によっては職場や友人関係も特定できるかもしれませんね。また、お財布機能を使っている人もいるでしょう。そんな人は勝手に使われる、お金が引き出されるという被害が想定されます。

中にはスマホ内の全ての情報をリセットするための初期化が面倒くさい、やり方がわからないなどの理由で、重要と思われるものだけを消去すればよいと考える人もいるかもしれません。しかし、危ないと思われる情報を個人レベルでもれなくチェックすることはほぼ不可能なのです。トラブルになってから、こんなものが個人情報の特定に使われるのかと知ることはたくさんあります。

いまやスマホは情報の宝庫です。表面的に入力情報を消したとしても、機械に強い人の手に渡れば、簡単に復元できてしまうこともあります。悪用しようと考える人は、それこそ執拗にアタックしてくるでしょう。そう考えると、やはり初期化することが大事なのです。

iOSの場合

1.まずデータのバックアップを取っておく
まずは、Apple IDとパスワードを確認しておきましょう。一度消し込んでわからなくなってしまうと、問い合わせなどをしなくてはならず、下手すると1か月近く時間がかかることもあるようです。

設定→[ユーザ名]→[iCloud]→[iCloud]バックアップから、「今すぐバックアップを作成」をタップしましょう。自動的にiCloudにバックアップを取ってくれます。バックアップが取れたら、いったん「サインアウト」をします。「サインアウト」は「設定」→「[ユーザ名]」→「サインアウト」の順に行ないます。その後、Apple IDのパスワードを入れて「オフにする」をタップします。アップルウォッチがある人はこちらのペアリングも解消しておきます。

2.iPhoneを初期化する
初期化すると、データはすべて消去され、出荷当初の状態に戻ります。この状態にしないと、個人情報は残ったままということになります。初期化には数時間かかることがあるので、その心づもりをしておきましょう。

初期化の方法は「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」を選び、「iPhoneを消去する」をタップします。iPhoneの最初の画面に「こんにちは」という表示が出てくれば、初期化は完了です。iPhoneの中の個人情報はすべて消去できました。

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 8:03
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事