ここから本文です

辛すぎる! 港区・芝の「激辛ストリート」の2大激辛料理とは?

8/14(水) 12:00配信

食楽web

 商店会の中の29店舗で激辛メニューがあり、1年に1回激辛スタンプラリーも開催している、港区芝の芝商店会、別名「芝辛激辛ストリート」。和洋中様々な激辛限定メニューの食べ歩きが楽しめます。そこで、注目の激辛自慢のお店2店を食べ歩きしてきました。

 辛旨料理を追求すべく、最初に向かったのは『MUNCH’S BURGER SHACK』。アメリカ産アンガスビーフ100%、つなぎなし、すべて手仕込みで肉の美味しさを追求するハンバーガーショップ。最近ではトランプ大統領来日の際、ランチで出されて話題になったお店です。

チリミートビーンズが大暴れ!『MUNCH’S BURGER SHACK』の「ブットジョロキア チリチーズバーガー」

 店に入りメニューを見ると、「ブットジョロキア チリバーガー」(1630円)と「ブットジョロキア チリチーズバーガー」(1750円)、そして「チリチーズポテト」(1050円)が激辛限定メニューに。ちなみにこの値段は1辛の値段。辛さは1~5辛までセレクトでき、辛さが1つ上がるごとに+100円です。5段階となっていますが、無限大のマーク∞があるので、実質は5以上もきっと注文可能、でしょう。食べられるかどうかは個人差がありそうですが。

「ブットジョロキア チリチーズバーガー」、上から構成を見ると、バンズ、レタス、トマト、メルトチーズ、チリミートビーンズ、パテ、ハニーマスタード、バンズ。高さは約12cm。ランチタイムはポテトまたはサラダがセットになっています。

 この旨みとろけ出しまくりのハンバーガー、どうやって食べればいい?「卓上に包む紙の袋があるので、それに入れて手づかみで食べるといいですよ」と代表の柳沢 裕さん。とろけるチーズや美味しそうなチリミートがこぼれないよう、袋に入れて軽くつぶし、一気に頬張ります。

 最初にバンズのサクッとふわっとした口当たり、そしてレタスのシャキシャキ、トマトのジュワッ、さらに肉質感たっぷりな旨味がやってきて、贅沢な美味しさが口の中に広がった次の瞬間、刺さるような辛さが一気に口全体を襲ってきます。うわっ、どこから来たっ?

1/3ページ

最終更新:8/15(木) 18:51
食楽web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事