ここから本文です

超激レア!! 日本初上陸!イタリアホンダのCB1000R「リミテッド・エディション」

8/14(水) 18:30配信

webオートバイ

世界限定350台という貴重なモデルが早くも日本上陸!

今年の6月にフランスで開催されたイベント「Wheels&Waves(ホイールズ&ウェイブズ)」にはCB1000Rのカスタム車が多数登場し、ニュースになったのも記憶に新しいが、なんと!その中の1台、イタリアホンダが手掛けたトリコロールカラーの「リミテッド・エディション」が早くも日本上陸! 記念すべき初モノを早速特撮してきました!

HRCのトリコロールカラーに彩られた特別なこのCB1000Rは、イタリアホンダが世界限定350台で発売する非常にレアなマシン。グラマラスなCB1000Rのボディに、ホンダのスポーツイメージを体現するカラーであるトリコロールが非常にマッチしています。メーターバイザーを装備する「CB1000Rプラス」がベースモデルですが、シルバーベースのトリコロールカラーの採用でイメージを一新! このカラーリングは、ホンダが2016年のミラノショー発表したCB1100ベースのトラッカーコンセプト「CB1100 TR CONCEPT」を彷彿させるもの。あのとき「欲しい!」と思った人にはかなりグッとくるカラーリングなのではないでしょうか。

スポーティなのは外観だけではありません。機能パーツもグレードアップされていて、ラジエターを飛び石から守るガードを装備しています。なんとCB1000Rのロゴ入り! サイドカバーはカーボン。さりげなく上質さをアピールしています。フロントフェンダーは、国内ではオプション扱いとなっているシルバーのモールつきです。そしてなんと!このマシンはマフラーはノーマルが標準なのですが、同梱パーツとしてSCプロジェクト製のスリップオンマフラーがついてくるのです!ヨーロッパ仕様なので、残念ながら国内車検対応の認証品ではないのですが、マフラーの代金を考えたら、これは大バーゲンと言えそうです。

CB1000Rのスポーツムードを大きく高めたこのリミテッド・エディション、価格は税込みで189万円。スタンダードから約25万円アップですが、スペシャルカラーに外装パーツ、マフラーまで付属という内容を考えたらハッキリ言ってバーゲンプライス。

もともと世界限定350台なのですが、イタリア国内で200台を販売、残り150台を世界中で奪い合うという状況だそうで、いまのところですが、日本に入ってくる予定なのはたったの5台とのことです。

松本正雅

最終更新:8/14(水) 18:30
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事