ここから本文です

【KNOCK OUT】キックボクシング初挑戦のロッキー川村「自分だけが出来る、これぞロッキー川村という戦い方をするだけだ」

8/14(水) 13:35配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)東京・大田区総合体育館で開催されるKNOCK OUT『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』。

【写真】チェ・ホンマンに伸び上がるようにしてパンチを打つ川村

 第1試合の80kg契約3分3RREBELSルールで、高校生時代に剣道で国体優勝、キックボクシングで3戦3勝3KOの戦績を持つ吉野友規(スタージス新宿ジム)と対戦するMMAファイター・ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)のインタビューが主催者を通じて届いた。

 川村は大学時代アメリカンフットボール部に所属し、大学卒業後にパンクラス入門。2005年7月にプロデビューした。180cm、80kgの体格を持ち、強烈なパンチ力でデビュー当初から注目を集め、第11代と第13代パンクラス・ミドル級王者、第4代パンクラス・ライトヘビー級王者に輝いている。

 近年は映画『ロッキー』の主人公になり切ったキャラクターで、様々な団体で活躍中。5月の『巌流島』ではチェ・ホンマンと対戦、圧倒的な体格差を克服してホンマンから完勝を収めた。

 インタビューもロッキーになり切って進んだが、このキャラクターになった理由、そして本物の“ロッキー”ことシルベスター・スタローンに会った時のエピソードなどを話した。

俺はルールに対するこだわりは全くないんだ

――今回KNOCK OUT参戦を決めた理由を教えて下さい。

「オファーが来たから(笑)。オファーが来たらどのリングでも上がるというスタンスでいるんだぜ、ポーリー!」

――ポーリー!? いつの間にか私がエイドリアンの兄でロッキーの友人であるポーリーの設定なんですね(笑)。MMAで30戦以上の戦績があり、キックボクシングの試合は初になりますか?

「4月の野良犬祭りでアルティメットボクシング(打撃と投げのみの総合格闘技でグラウンドでは打撃のみが有効)の試合経験があるが、キックルールでの試合は初めてだぜ」

――いつかキックルールでの試合に出ようとは思っていたのでしょうか?

「もちろん。どんなルールでもやるので正式なオファーが来たらやるだけだ」

――打撃を得意とする川村選手がパンクラスで3度ベルトを獲得するなど十分なキャリアがあるのに、このタイミングでキックの試合オファーが来るのは遅いですよね?

「確かにそうだね、ポーリー。ロッキー川村にリングネームを変えてから俺はどんなルールでもやろうと思っていて、ルールに対するこだわりは全くないんだ」

――KNOCK OUTにはどのような印象がありますか?

「一度(同門の)DJ.taiki が出場した時にセコンドに付いて関わったことがあるぐらいで、俺がやりたい相手はロッキー・バルボアだけ。 KNOCK OUTに出場している選手に興味があるかといえば特にはない」

――本名の川村亮からロッキー川村のリングネームで試合に出ようと思ったのはなぜですか?

「俺のデビュー10周年となったハードヒット名古屋大会(2016年7月2日)で鈴木(みのる)さんとシングルマッチで対戦した時に“お前、なんかロッキーに見えたぞ。ロッキー好きならもうロッキーになっちゃえよ!”と言われて、そうなった。でも表向きは、鈴木さんと対戦して俺が名古屋港に沈んだ。そしてロッキー川村が浮き上がったという設定になっているんだぜ、ポーリー。大仁田厚さんがグレート・ニタになったようなものだね(笑)。

 このリングネームにすることで、こうしなきゃいけないという概念が逆になくなり、素の自分を出せるようにな ったので気持ちが楽になったのでただやりたいことをやるだけ。以前の川村亮の時は、パンクラス、総合格闘技ということに変なこだわりがあったんだ。俺がよく言っているのは、過去はゴミだと。そんなにゴミを背負ってやる必要はないので、元パンクラスチャンピオンといった肩書きは何でもないし、重要なのは今。俺はベテランと言われるような年代にもなって経験も積んできたが、変なこだわりを捨てたら今になってより戦うことが楽しくなったね」

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 13:35
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事