ここから本文です

【減塩レシピ】手作り「フルーツビネガー」を活用して賢く減塩

8/14(水) 15:00配信

サライ.jp

写真・文/矢崎海里


「フルーツビネガー」をご存じですか?
その名の通り、フルーツの風味や味が付いた酢で、スーパーなどでもりんご酢やぶどう酢が販売されています。
水で希釈して飲むタイプも販売されていますが、実は家庭で簡単に作ることができます。
今回はフルーツビネガーの作り方と、それを活用した減塩レシピをご紹介します。
希釈して暑い夏のお供にするのはもちろん、料理にも活用して賢く減塩しましょう。

フルーツビネガーの作り方

レモンやオレンジ、キウイなど、いろいろな果物で作れるフルーツビネガー。
今回はルビーグレープフルーツで作りました。

【材料】(作りやすい分量)

ルビーグレープフルーツ 2個
氷砂糖(なければグラニュー糖や上白糖) 果汁・果肉重量の80%
酢 100cc

【作り方】

1.グレープフルーツは皮をむき、身を取り出す。
グレープフルーツは両端を果肉が少し出る程度に切り落とし、横に倒して半分に切ります。

果肉と皮のあいだに包丁を入れ、くるっと一回転させると、きれいに皮と身に分けられます。

残った白い部分を落としながら2cm角にカットする。

2.果汁と果肉の総量をはかり、氷砂糖の量を決める。今回は277gだったので、氷砂糖は220gとしました。
3.アルコールまたは煮沸殺菌した清潔な容器に、果肉・氷砂糖の順でつめていき、入れ終えたら果汁を注ぎます。

4.酢を100cc注ぎふたを閉め、直射日光の当たらない涼しい場所に、常温で保存します。
5.氷砂糖が溶けたら果肉だけを取り出し、完成。常温で2か月ほどが保管の目安です。

そのまま飲む場合、フルーツビネガー1に対して、4倍の水や炭酸水で希釈して飲むのがおすすめです。
暑い日はかき氷シロップとして活用するのもいいですね。
氷砂糖がない場合、グラニュー糖や上白糖でも作ることは可能ですが、氷砂糖を使うことで甘ったるくない、すっきりとした味わいになります。

ここからは、いよいよ仕込んだフルーツビネガーを活用したレシピを2つご紹介します。
お酢は、減塩の心強い味方ですが、他にもさまざまな効果があります。
一例として、毎日継続的に大さじ1杯の酢を摂取することで、内臓脂肪の減少や、高血圧や血糖値の上昇を緩やかにするはたらきがあると言われています。
夏の暴飲暴食のリセットメニューとしても、ぜひ活用して下さいね。

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 15:00
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事