ここから本文です

「Galaxy S10+」は最も優れたスマートフォンのひとつとして順当に進化している

8/14(水) 19:13配信

WIRED.jp

サムスンのスマートフォンは5年ほど前、当時のありとあらゆる最先端技術が詰め込まれていることで有名だった。消費者がそのテクノロジーを望んでいるのか、使う可能性があるのかを気にしていない様子だったのである。そうした端末と比べると「Galaxy S9」と「Galaxy S10」は、ずっと洗練されている。というのも、競合モデルが搭載している機能の一部を、あえて搭載していないほどなのだ。

【記事の全画像】サムスン「Galaxy S10+」をもっとみる

最新テクノロジーを積極的に見せびらかすサムスンの一面は、いまや「Galaxy Fold」や「Galaxy S10 5G」といった一部の製品に集約されるようになった。それゆえ、2019年注目の新製品として発売される「Galaxy S10+」も、人々が期待するほど「未来のテクノロジーが満載」の製品ではない。

とはいえ、驚くほど高精度な手ぶれ補正機能や、画質に定評のある「HUAWEI Mate 20 Pro」を思わせるクリエイティヴなカメラ機能など、まだ多くの人の手に届かない5G通信よりもはるかに役立つ機能を数多く備えている。

実用的な穴あきディスプレイ

ここ数年のトレンドであるディスプレイのノッチ(自撮り用のカメラを配置するための出っ張り)を採用しないという判断も、サムスンが最近示している保守的な姿勢のせいなのかもしれない。

同社がノッチの代わりに採用したのは、画面がくり抜かれたように見える「Infinity-O」ディスプレイだ。これはパンチホール型ディスプレイという19年のデザイントレンドのひとつを、サムスンらしいかたちで採り入れたものである。ディスプレイに穴を開けて自撮り用のカメラをぴったり収めることで、穴の周辺も表示領域として利用できるようになった。このパンチホール型のディスプレイの採用に、いまスマートフォンのメーカーは躍起になっている。

Galaxy S10+のパンチホールは、これまで目にしたなかで最も目立つものだ。ファーウェイの「Honor View 20」や、サムスンが同時に発売した「Galaxy S10」の倍以上の大きさがある。というのも、セルフィー用のカメラが2つ搭載されているからだ。

もしかすると、Netflixの映画を観ているときに黒い穴を目障りに感じて、サムスンの決断に疑問を覚える人もいるかもしれない。だが日常的に利用することを思えば、カメラをスライド式にするよりはるかに実用的だ。スライド式で飛び出してくるカメラは、半年も経てばパーツにホコリがたまったり、ガタついたりする可能性がある。

1/7ページ

最終更新:8/14(水) 19:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事