ここから本文です

【ZST】ステージ4のがんから奇跡の復活、本戦デビューTKO勝利の高須将大「次の目標は、チャンピオンになること」

8/14(水) 20:16配信

ゴング格闘技

2019年8月13日、東京・豊洲PITにて『ZST.66/SWAT!170』が行われ、第3試合で、SWAT!から本戦に上がり5試合目の木下尚祐(和術慧舟會GODS)と、本戦デビュー(前戦5月の「ZST.65」はSWAT!バウト)戦の高須将大(ストライプル茨城)が対戦した。

【写真】勝利の瞬間、雄たけびを挙げた高須

木下は2018年10月に山本喧一を父に持つ山本空良を相手に判定勝ちしており、MMA1勝3敗1分。対する高須は3勝0敗1分と無敗のまま本戦出場となった。

試合は、オーソドックスから低く構えてテイクダウンの動きも見せた高須が、右ローキックを合わせてきた木下の蹴り足を掴んで右フック一閃! 後方に倒れた木下に高須がパウンド&鉄槌を連打し、レフェリーを呼び込んだ。

1R 0分20秒、TKO。

その20秒の勝利は、腹に大きな手術痕を刻み「ステージ4」と診断されたがんと闘う高須にとって重く、そして「これから」進むべき道を照らす光となる1勝となった。

抗がん剤治療の副作用で足の裏が痛み「ステップが踏めずテーピングをいっぱい巻いてスパーリングした」

高須がストライプル茨城に入門したのは6年前。それまで格闘技経験はなく、「高校生まで野球漬けの生活」で、高校時代は2019年夏の甲子園にも出場している茨城県の名門・霞ヶ浦高校 野球部に所属していた。レギュラーには入れなかったものの、外野手を務めた高須は、引退して社会人になって「何かやりたい」と思い、就職先の寮の近くにあった格闘技道場のストライプル茨城に通い始める。

20歳から始めた格闘技。「MMA(総合格闘技)は最初からやりたいと思っていました」という高須だが、試合の機会はなかなか訪れず、柔術から試合経験を積む日々が続いた。

「まだ青帯なんですけど、代表が認めてくれるまでは総合の試合には出させてもらえなくて、3年くらい柔術の試合に出ていました」(高須)

ストライプル茨城の代表は、井上和浩。2016年、柔術ワールドマスター黒帯金メダル、2017年の柔術SJJIF WORLD黒帯金メダルの実績を持つ井上代表は、プロ修斗でも元世界ランカーとして活躍。戸井田カツヤに勝利し、植松直哉とドロー、2002年にはハワイでステファン・パーリングとスプリット判定の激闘を繰り広げているシューターだ。

そんな井上代表からMMAのゴーサインが出たのが2016年11月。ZSTの育成大会である「SWAT!」に参戦も、時間切れドローのほろ苦いデビュー戦だった。

2戦目はKO勝利。24歳になっていた高須は、プロ初勝利後に「すぐに次の試合を組んでいただいたのですが、試合前に結構、疲れを感じていて、スパーリング中にお腹を蹴られた時に2日くらい痛みが引かなくて……アバラが折れたのかなと思ったんです」と、“そのとき”のことを振り返る。

診断のために訪れた病院での検査の結果、肝臓がんが発覚。その時すでに肝臓に10センチ大の腫瘍があった。

「『肝臓がん』とネットで検索したら、5年生存率とか予後何年とかいっぱい書いてあって……調べられなくなりました、怖くて。そのまま緊急入院して1週間後には手術、目覚めたらあちこちメチャクチャ痛くて熱も毎日40度くらいあって、すごくしんどかったです」

2017年7月に最初の手術。退院して1カ月後には復帰に向けて練習や筋トレを再開した。「その時はもう腫瘍も取ったし治ったものだと思ってました」という高須だが、「2、3カ月で再発しちゃって、肺にもがんが転移していて、それがまずいところに腫瘍があったので、そのときは『ステージ4』と言われました」

若い身体は体力があるが、病気の進行も速い。

「最初は落ち込んでしまって、もうダメかなと思ったんですけど、井上代表や道場のみんな、友達が気にかけてくれて……毎日のようにお見舞いに来てくれて、何とか立ち直ることができました」と高須は言う。

化学療法に取り組んだ高須は抗がん剤治療でがんを潰していくが、副作用もあった。

「全身じんましんが出たり、手足症候群(抗がん剤によって手や足の皮膚の細胞が障害されることで起こる副作用)で足の裏とかが痛みました。ステップも踏めないくらい痛かったけど、テーピングをいっぱい巻いてスパーリングして、だましだまし練習していました」

1/3ページ

最終更新:8/14(水) 20:16
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事