ここから本文です

【ムエタイスーパーファイト】チャムアックトーン来襲、増井侑輝が挑む「人生を賭けて勝ちにいきます」

8/14(水) 21:18配信

ゴング格闘技

2019年10月6日(日)名古屋国際会議場イベントホールにて開催されるムエタイのビックマッチ『Suk Wanchai MuayThai Super Fight vol.6』に、ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級現役王者チャムアックトーン・ファイタームエタイ(タイ)が参戦。J-NETWORKスーパーライト級6位・増井侑輝(真樹ジムAICHI)との対戦が決定した。

【写真】海人に左ミドルを見舞うチャムアックトーン

 チャムアックトーンはこれまで4度の来日経験があり、対日本人選手で4連勝している完全無欠の王者。特に昨年9月にはシュートボクシングのリングで最強の呼び声が高いSB日本スーパーライト級王者・海人(TEAM F.O.D)を延長判定で破り、ムエタイ現役王者の強さをまざまざと見せつけた。

 チャムアックトーンはその後、本国タイでも活躍を続け、昨年10月にはヨードパノムルン・ジットムアンノンを破りラジャダムナン王座を防衛。またメジャープロモーションである『ONE』にも出場し、スーパーライト級では世界的にみてもトップクラスの1人と言えるであろう。

 今回、当初今大会に出場が予定されていたガオナー ・PKセンチャイムエタイジムが諸事情によりキャンセル、代わりに同じPKセンチャイムエタイジムに所属するチャムアックトーンが名乗りを上げた。チャムアックトーンのオーナーであるミットナコン氏(ラジャダムナンスタジアム興行「スック ワンミッチャイ」プロモーター)は、「チャムアックトーンは前に出るタイプでヒジが上手いからね、日本ではガオナーより面白いムエタイが見せられると思うよ」と4度目の来日で日本人好みの戦い方にも自信満々のようだ。

 対する増井は地元愛知での活躍はもちろん、『J-NETWORK』や『Bigbang』でもタイトルに絡むなど着実に力をつけてきている25歳。今年5月には『ホーストカップ』でタイ人選手トーン・セイシカイを3RKOに葬り、6月にはSBのリングでライト級王者・西岡蓮太(龍生塾)と対戦、パンチでダウンを奪われたものの左ミドルで猛追し激闘を演じた。

『Suk Wanchai MuayThai Super Fight』でも活躍したマキ・ピンサヤームがトレーナーを務めており、サウスポーから繰り出す左ミドルは関係者からも高い評価を得ている。

 増井「ムエタイスーパーファイトは自分がムエタイを習っていることもあり、ずっと出たいと思っていて今回、初参戦でラジャの現役チャンピオンと闘えるなんてめちゃおいしいなって感じです。間違いなく過去最強の相手ですが、ただ闘うだけでは意味がないので人生を賭けて勝ちにいきます。ピンサヤームもマイペンライ(タイ語で「大丈夫」)と言っているので僕もマイペンライだと思います(笑)」とコメント。

 現役王者撃破の大番狂わせを演じることができるか。

最終更新:8/14(水) 21:18
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事