ここから本文です

池江璃花子、一時帰宅の笑顔の裏で続く療養生活について祖父「つらいらしいです」

8/14(水) 18:00配信

週刊女性PRIME

池江の祖父「つらいらしい」

 いまだ予断を許さない状況のなか、彼女の親族は何を思うのか。池江の実家近くに住む祖父を直撃した。

─池江選手のご容体は?

「いや……、あまりよくはないです」

─一時帰宅で、体調はよくなっているようですが?

「抗がん剤治療をしているから、つらいらしいです」

─一時帰宅された際のホームパーティーには参加されていない?

「いや、私は行ってないですし、入院してからはほとんど会ってないんですよ」

─東京オリンピックまでに回復して、選手として参加できると思いますか?

「まあ、厳しいでしょう。今は治療に専念してほしい。わざわざ来てくれたのに、あまり話せなくて申し訳ないね」

 その丁寧な語り口には、無名のころから応援してきた大好きな孫に対する深い愛と病に対する心配がにじみ出ていた。

 今はメダルより、病の完治を祈るばかりだ。

2/2ページ

最終更新:8/14(水) 18:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/1号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事