ここから本文です

韓国コルマ会長を辞任に追い込んだ反日の狂気

8/14(水) 6:00配信

JBpress

 7月から韓国で起きている反日運動は、落としどころが決まらないまま狂気と化している。

 筆者は最近韓国コスメが「K-ビューティ」として中国はじめ東南アジアなどでも注目され始めたことを記事にした。

 その中で、K-ビューティが大手のコスメ企業だけでなく、中小企業のアパレルブランドからも起業できるのは、韓国コルマとコスメックスのおかげだと書いた。

 韓国コルマとコスメックスが化粧品のOEM(相手先ブランドによる生産)をしてくれるからである。

 さて、この韓国コルマが今大変なことになっている。

 日本が韓国をホワイトリストから外すことにした7月から韓国では日本製品不買運動が続いているのは、日本の報道でもご承知の通りだ。

 7月末からは毎週土曜日に反日ロウソク集会も大々的に開かれ、そこに参加する人たちも多い。

 しかし、前記事(「日本の輸出規制に大喜びする韓国人」https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56981)でも書いた通り、韓国人全員が同じことを考えているわけではない。

 反日デモを繰り返したり、日本製品不買運動を表明する人たちに対し、扇動されていると懸念する人たちもいる。

 そういったことが克明に分かるのは、今のところユーチューブの中である。ユーチューブでは、自分のチャンネルで思い思いの話ができるからである。

 特に、ここ数か月で政治をテーマにするユーチューバーたちが頭角を現し始めた。

 元々マスコミ出身の人が運営するユーチューブもあれば、普通の社会人ながら今の政治や言論にもどかしさを覚えて、自分なりに勉強をしてユーチューブで意見を述べる論者たちも多くなっている。

 これまでツイッターやインスタグラムなどのSNSは進歩系といわれる左派の独擅場であった。しかし、こうしたユーチューブでは保守系といわれる右派のチャンネルも多く見かける。

 さて、今回韓国コルマの会長を辞退にまで追い込んだ事件は、あるユーチューブの動画を役職員に見せたことが発端となった。

 その動画を制作した主は「リソプTV」チャンネルを運営している。

 「自分より年下の20代から30代初めの青年たちが政治にあまり関心がなく、報道されている内容をよく理解していないので、兄貴的な存在として彼らに難しい政治用語などを分かりやすく説明する趣旨でチャンネルを作っている」という。

 今回問題になった動画のタイトルは「ホワイトリスト、とても分かりやすく説明します」というものだが、動画のサムネイルは「韓国女子たち7000ウォン(700円)で体を売ることになるかも(´;ω;`)ウッ…」というものだった。

 えてして刺激的なサムネイルの方が食いつきがいいのでそんなサムネイルにしたのだろうが、今回はそれが仇になった。

 韓国コルマは、8月7日、新社屋移転の記念朝礼の時間に上記の動画を流した。動画の内容は少し長いが全文を訳そう。

 「こんばんは、リソプです。今日は数日前から話題になっている、<ホワイトリスト>に関する話をしてみます」

 「今、リアルタイムでのネット検索語1位が『ホワイトリストの意味』となってますが、何かピント外れな気がします」

 「今は、ホワイトリストの『意味』のようなものが重要なのではありません。韓国と日本がなぜこんなふうになり、今どんな状況にあるのか、また韓国がこれからどのようになるのか、この事態がなぜ深刻な問題なのかを知るのが重要なのです」

 「私が今まで反日事態に対する動画を3本撮ったのですが、この動画に日本に関するすべての内容、エキスを盛り込んで今日もできるだけ短く、面白く説明します」

1/7ページ

最終更新:8/14(水) 8:30
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress Premiumは
日本の未来を創るビジネスリーダー
のための総合メディア
JBpressが提供する有料会員サービスです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事