ここから本文です

天皇杯、16強決定! カズ&俊輔先発の横浜ダービーはFMに軍配! 鳥栖はトーレス弾で柏を撃破

8/14(水) 22:21配信

SOCCER DIGEST Web

G大阪、FC東京が敗れる波乱。大分はまさかの失点を喫するも延長戦で勝利!

 第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会は8月14日、各地で3回戦の16試合が行なわれ、16強が決定した。

【動画】大分、悪夢のOGを乗り越えて延長後半の120分に伊藤涼太郎が決勝弾!


 J1勢では、前回王者の浦和がファブリシオのふたつのPK弾で、水戸に2対1で逆転勝利。リーグ2連覇中の川崎も苦戦を強いられ、1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムにレアンドロ・ダミアンのゴールで追いつき、延長後半117分に家長昭博の決勝点で、辛くも岡山を振り切った。

 一方、G大阪はエース上田綺世が鹿島入りによって退部した法政大と対戦。J1の意地を見せたいところだったが、法政大が前後半に1点ずつを挙げ、2対0と快勝した。またJ1では現在リーグ首位のFC東京もJ2の甲府に0-1で敗れている。

 横浜F・マリノスと横浜FCの「横浜ダービー」は、横浜FCのカズこと三浦知良と中村俊輔が揃って先発。前半で横浜FMが中川風希と大津祐樹のゴールで2点をリードすると、横浜FCの反撃を後半の1点に抑えて、横浜FMが勝利を収めた。

 また、鳥栖対柏の試合は0対0で延長戦に突入。96分に、引退間近となったフェルナンド・トーレスが値千金の決勝ゴールを奪い、鳥栖が4回戦に駒を進めた。鹿屋体育大と対戦した大分は、後半アディショナルタイムに先制するも、まさかの無人のゴールへのバックパスでオウンゴール。土壇場で追いつかれたものの、延長後半の120分に伊藤涼太郎が決勝弾を決め、鹿屋体育大を下している。

 その他、仙台、磐田、清水、Honda FC、長崎、広島、C大阪、神戸、鹿島が16強入りを決めた。4回戦の組み合わせは、8月16日に行なわれる組み合わせ抽選会によって決定される。

 4回戦の試合結果は以下の通り。
G大阪0-2法政大
仙台1-0富山
川崎2-1岡山
清水1-0福岡
磐田6-0八戸
Honda FC2-0徳島
浦和2-1水戸
横浜FM2-1横浜FC
広島2-1金沢
鹿屋体育大1-2大分
C大阪3-0山口
神戸4-0大宮
鹿島4-0栃木
鳥栖1-0柏
FC東京0-1甲府






 

最終更新:8/14(水) 22:57
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事