ここから本文です

退職代行「大人気」、20~30代に広がる「コスパ意識」の恐ろしさ

8/14(水) 8:01配信

現代ビジネス

「退職代行」はなぜ止まらないのか

 本人に代わって会社と退職の手続きを行う「退職代行」が話題だ。

 サービスを提供する会社EXITでは、20代男性を中心に月に300件もの依頼があるという。

これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種を公開…!

 同社の公式ウェブサイトには、「明日から会社に行かなくてもOK」「スピード退職」などの刺激的なコピーが踊る。

 メールやLINEで依頼するだけで、文字どおり、本人はその瞬間から会社と一切関わることなく退職できるのが、人気の理由なのだろう。費用は3~5万円だ。

 今年の5月、私の知人が運営する保育園にも、退職代行からの連絡があったという。4月に入社したばかりの20代の保育士が「持病の悪化のため辞めたい」ということだった。

 聞いたこともない会社からの唐突な連絡。持病の話は初耳だし、本人からは何の相談もない。対話の余地もなく粛々と退職の日を迎えるのみ。突然にピシャリとコミュニケーションを遮断されてしまい、困惑するばかりだったという。

 そもそも退職の手続きは、お金を払ってまで他人に頼むことなのか。社会人としての配慮に欠けると眉をひそめる人も少なくないかもしれないが、その裏には、働き方に対する若者世代とオトナ世代の大きな価値観のズレが透けて見える。

「慰留ハラスメント」の横行

 まず若者が退職代行を利用する理由は大きく2つあり、分けて考えなくてはならない。

 理由の1つはメディアでもよく語られている通り、自力では辞められない状況に追い込まれていることがある。

 厚生労働省によれば、退職時のトラブルに関する相談件数はここ10年で2倍に増えたという。

 もちろん企業はせっかく採用した人材を簡単には手放したくない。今辞めるなんてもったいない、もう少し頑張ってみてほしいという上司の“親心”も理解できる。

 しかし、ひどい場合には「無責任だ」「常識がない」などと、まるで退職そのものが悪であるかのように退職者が責めたてられることもある。さしずめ「慰留ハラスメント」だ。

 こうして辞めたくても辞められない状況に陥ると、やがて精神的に疲弊してまともな話し合いもできなくなる。こうなると退職代行に頼らざるをえなくなるのも、頷ける話だ。

 もう1つは、先ほどの深刻なケースとは異なり、単にコスパがいいからだ。

 辞めるに辞められないのも大きな問題だが、私はこちらに本質的な課題が潜んでいると見る。

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 15:01
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事