ここから本文です

高く跳んだのは!? 井上尚弥&拓真、驚異の跳躍力に仰天反響「スゲージャンプ力」

8/14(水) 16:21配信

THE ANSWER

大橋ジムが練習中の井上兄弟のジャンプシーンを公開

 ボクシングのWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されることが決まった。大橋会長は公式インスタグラムで尚弥と、WBC同級暫定王者の弟・拓真が練習中に跳び上がってているシーンを公開。驚異的なジャンプ力に驚きの声が上がっている。

【画像】どちらが高く跳んでいる!? 「スゲージャンプ力」とファンは仰天、井上尚弥&拓真が驚異の跳躍力を披露するワンシーン

 3か月後の決戦へ向けてジムで調整を進めている尚弥。次戦はWBC正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との対戦が確実な弟・拓真とともに、練習中の一幕が公開された。

 尚弥は上半身裸で膝を折り曲げた状態でジャンプ。静止画だが、後ろにぶら下がるサンドバックの位置を考慮してもかなり高く跳びあがっていることがわかる。

 2枚目は拓真の写真だ。こちらも同様の体勢で跳び上がっている。そして3枚目は父の真吾さんを含め、両者が向かい合った井上家の3ショットだ。

 こんな練習中の一コマにファンは反響。「拓真選手の勝ち」「周りの物との比較だといい勝負。もしや尚弥選手の勝ち?」「スゲージャンプ力」などとコメント欄は盛り上がっていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/14(水) 23:15
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事