ここから本文です

「高糖度でハイカロリー」は本当? 大人気タピオカミルクティーの上手な楽しみ方

8/14(水) 17:33配信

THE ANSWER

連載「働く人の食事術」―今年の大ヒットドリンク、タピオカミルクティー

 忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。

【図表】夏ダイエットの参考に…「ご飯、パスタ、うどん、食パン」、エネルギー量が多く脂質が少ないのは?

 最近、大人気のタピオカミルクティー。若い世代はもちろん、女性を中心にビジネスパーソンにも広まりを見せている。一方で気をつけておきたいのはカロリー。どう飲めば体に優しく上手に楽しめるのか。橋本氏が栄養士の観点からアドバイスする。

 ◇ ◇ ◇

 今年の大ヒットドリンクといえば、タピオカミルクティー。コンビニエンスストアでは以前から見かける定番の商品の一つでしたが、今では専門店も続々と開店しています。

 最近、このタピオカミルクティーが「高糖度でハイカロリーである」とSNSを中心に話題となりました。発端はタイで行われた調査の結果、タイ国内で販売されるタピオカミルクティーには、多いもので1杯74g(287kcal、スティックシュガー(3g)約24本分)もの砂糖が含まれている、とニュースになったことのようです。

 もちもちとした食感で人気のタピオカの原材料は、キャッサバという種類のイモのでんぷん。タピオカそのもののカロリーは100gで約62kcal(茹でた状態で計算)と決して高くはありませんが、タピオカミルクティーにする際、砂糖につけることでカロリーが高くなるようです。さらに、ミルクティーそのものにも、様々なフレーバーのシロップがたっぷり。冷たいドリンクは甘味を感じにくくなることも影響し、おいしくするために、どうしても砂糖の量が増える傾向があります。

 日本の商品に目を向けると、例えばコンビニエンスストアやチェーン店のカフェなどの商品は、1杯130~180kacl程度とタイに比べるとカロリー控えめ。甘い物や酒といった嗜好品の1日の適量は、総摂取エネルギー量の10%が目安なので、おやつにはちょうどよいといえます。

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 17:33
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事