ここから本文です

メッシ超えの衝撃!? 圧巻スキルの“7人抜き弾”が話題「称賛すべき」「素晴らしい」

8/14(水) 19:03配信

THE ANSWER

コロンビアのU-21の大会で驚きのゴールが誕生

 海外サッカーでとんでもないゴールが生まれた。相手選手を次々とドリブルで抜き去り、最後はGKまで交わしてネットを揺らす、衝撃の得点シーンを海外記者が動画付きで公開し話題を呼んでいる。

【動画】「称賛すべきフィニッシュ」「素晴らしい」と話題、南米で生まれた驚きの7人抜きゴールの実際のシーン

 メッシ、マラドーナの5人抜きを超える、7人抜き――。南米コロンビアで、衝撃的なゴールが生まれた。コロンビアのU-21のナショナル・チャンピオンシップ。ノルテ・デ・サンタンデールのアンダーソン・ディアスは、中盤でボールを持つと、向かってくる相手選手を次々に交わしていく。

 1人交わし、2、3人と交わしてエリア内に侵入。さらに2人を巧みなボールタッチで交わすと、GKと1対1に。ゴールは無人となったが、ここでもすぐにシュートを打たず、戻ってきた相手選手を仕上げとばかりに抜いて、最後は右足で豪快にネットを揺らした。

 マラドーナやメッシは伝説的な5人抜きで知られるが、今回は驚異の7人抜き。相手のレベルが違うとはいえ、驚くべきテクニックだ。

 動画を公開したのは、英紙「ガーディアン」のジェームス・ダート記者。ツイッターで拡散すると、目の当たりにしたサッカーファンからは「このフィニッシュは称賛すべき」「素晴らしい」などと反響を呼んでいる。

 コロンビアの地元メディアによると、このゴールを決められた側のサンタンデールが3-2で勝利したという。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/14(水) 23:17
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事