ここから本文です

PSGが“ネイマールの後釜”探し? トレードでコウチーニョか、最大95億円でディバラか

8/14(水) 18:58配信

Football ZONE web

バルサ復帰が浮上するネイマール PSGは放出時の補強を計画

 フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)は、ブラジル代表FWネイマールが古巣バルセロナへ復帰することが現実味を帯びているなか、次なる補強にも目を向けているという。フランス紙「ル・パリジャン」やイタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」が報じている。

【一覧】欧州「夏の移籍市場」の動向を総まとめ! 2019-20シーズン「退団&新加入選手」

 最新のレポートによれば、すでにバルセロナの交渉担当者がネイマール獲得交渉のため、フランスに向かったという。そこでは、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがネイマールの移籍金交渉に含まれることが確実視されるとした。

 一方でPSGは、前線でよりフィニッシャーになれる選手をネイマール放出時に獲得する可能性があるとしている。イタリアでは、ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ獲得へPSGが動いたことのある経緯からも、ネイマールの後釜としてはディバラ獲得の可能性があるとしている。

 ディバラの獲得には6000万ユーロ(約71億円)から8000万ユーロ(約95億円)が必要だと見込まれている。ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長は、ディバラ獲得への興味を示すインテルからのオファーは受けない方針を固めているとされ、国外移籍となるPSGであれば障害は少ないと見られている。

 すでに移籍期間が終了したプレミアリーグだけでなく、欧州各国のマーケット閉幕も近づいている。そのなかで大きな移籍話になることが確実なネイマールを巡る情勢は、周囲の実力者も巻き込んでさらなる話題を呼ぶことになりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/14(水) 18:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事