ここから本文です

懐かしの森永ラムネが大人や受験生に売れまくる理由

8/14(水) 6:00配信

ダイヤモンド・オンライン

 水色のボトルが目印の森永製菓「森永ラムネ」。子どもたちから長年愛されてきた超定番商品だが、この数年、大人のファンが急増しているという。2018年に大人に向けて発売した「大粒ラムネ」は、一時は販売休止になったほど大きな話題を呼んだ。昔懐かしい森永ラムネが、なぜいま大人たちの注目を浴びているのだろうか。(清談社 真島加代)

【この記事の画像を見る】

● ビジネスパーソンが ラムネを買っていく

 森永製菓の「森永ラムネ」といえば、1973年に“食べるラムネ”として登場して以来、いまも愛される身近なお菓子のひとつ。

 「おなじみのラムネボトルを模した『森永ラムネ』のメインターゲットは、小さなお子さんがいるお母さんです。子どものおやつとして購入する“買い与えニーズ”は、いまも大きな市場でもあります。その一方で、5年ほど前から受験生やビジネスパーソンなどが自分用にラムネを購入する、というケースが増えていきました」

 森永製菓マーケティング本部菓子第二マーケティング部・江原敦子氏は、森永ラムネの購入層が広がった理由について「SNSを中心とした口コミがきっかけ」と明かす。

 「2014年ごろに『二日酔いのときに森永ラムネを食べるとスッキリする』という内容の口コミが、インターネットを中心に拡散されたのがはじまりだったようです。また、森永ラムネにはぶどう糖が90%含まれているのですが、メディアを通してぶどう糖に期待されるさまざまな効果に注目が集まったことも、ラムネブームを後押ししました」

 ぶどう糖は脳のエネルギー源でもあり、SNSの口コミやぶどう糖ブームが到来。2015年度にはラムネの売り上げが前年比の120%の伸びを記録した。子ども向けの商品棚にあるボトル入りの森永ラムネをビジネスパーソンが買っていく、という現象が起きたという。

● ラムネブームに乗って 開発した新商品は売れなかった…

 「また、ぶどう糖を使用しているラムネ菓子は珍しかったことも、森永ラムネが注目された理由のひとつ。ぶどう糖を口に含むと、だ液などの水分に反応して吸熱作用が働き、シュワっとした爽快感と、ひんやり感を楽しむことができます。そのため、森永ラムネは『ラムネ飲料の清涼感』を再現するために、以前からぶどう糖を使用していたんです」

 ラムネ飲料を再現したい、というこだわりから生まれた森永ラムネは、46年がたった現在も、ほとんど変わらない量のぶどう糖を配合しているという。

 「ほかのラムネ菓子にはない口溶けのよさと清涼感を追求した結果、いまの品質にたどり着いたと聞いています。当時の開発者は、40年後にぶどう糖が注目されるなんて、考えてもいなかったと思います」

 森永ラムネの人気を受けて、2014年ごろから新たなラムネ菓子の開発がスタートした。しかし”大人向けラムネ”という視点での商品開発は一筋縄ではいかなかった。

 「2015年にウコンエキスとビタミンB1を配合した『ラムネのチカラ』という商品を販売したのですが、売り上げが伸びず販売終了。その後、2017年には20~40代の女性に向けてレモンやオレンジなどの果汁炭酸飲料味の『スパークリングラムネ』を発売しました。しかし、こちらも売り上げが振るわず、1年で販売が終了してしまいました」

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 10:20
ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

19年8月24日号
発売日8月19日

定価710円(税込み)

特集 最新! 超楽チン理解
決算書100本ノック! 2019年版
特集2 CASEの幻想 エンジンの逆襲
特集3 メガバンク デジタルへの挑戦状

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事