ここから本文です

NPB100人が選んだ甲子園のヒーロー/1票16位タイに“ゴジラ”松井秀喜ら

8/15(木) 16:01配信

週刊ベースボールONLINE

ファン一人ひとりの胸に宿る甲子園のヒーロー。第100回の大きな節目となった夏の甲子園を前にNPB100人に「甲子園のヒーローは?」とアンケートを実施して「B.B.MOOK1414 ファンが選ぶ名勝負ランキングベスト100」に掲載したのをここに公開。迎えた第101回、新たなるヒーローは誕生しただろうか?

あの男こそ我が甲子園のヒーロー!

 100年を超える歴史を誇る夏の高校野球。大正から昭和、平成、そして令和と時代を超え、多くのファンを熱くさせてきた。そんなファン誰もが「あの男こそ我が甲子園のヒーロー」という選手がいることだろう。それは100年前も、現在も、そして未来も、きっと変わらないに違いない。

 昨夏、週刊ベースボール編集部は第100回大会を前に、NPBに在籍する選手や首脳陣、計100人にアンケートを実施した。もちろん、質問は「あなたにとって甲子園のヒーローは?」というもの。さすがプロ野球の面々というべきか、票は大きく割れた。もちろん、そんな中でも圧倒的な票を集めた選手もいる。この夏に繰り広げられている熱戦に新たなヒーローが誕生することを期待して、そのランキングをあらためてカウントダウン形式で紹介していく。

 過去、どんなに偉大な選手であっても、リアルタイムで目の当たりにした選手のインパクトのほうが圧倒するのは当然だろう。ランキングには時代の偏りがあるものの、これが昨年度、NPBに在籍していた顔ぶれの嘘いつわりなき“生の声”だ。獲得したのが1票だけ、という選手は26人。そこには、プロで抜群の実績を残したビッグネームも並ぶ一方、プロには進まなかったが、プロで活躍する選手の胸に刻み込まれた選手も名を連ねた。このあたりにも、甲子園の醍醐味が秘められている気がする。

 今回はランキングに並んだ選手26人を並べるにとどめる。どんなプロが、どんな選手に投票したのか、ビールを右手、枝豆を左手に、想像の羽根を広げていただければ幸甚だ。次回は2票を獲得し、12位に並んだ選手とともに、票を投じた選手、首脳陣の“生の声”も紹介する。

1/2ページ

最終更新:8/15(木) 16:17
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい