ここから本文です

台湾老舗スイーツ店の「パイナップルケーキ」が日本初上陸!定番土産が都内で手に入る♪

8/15(木) 11:00配信

じゃらんニュース

台湾のお土産として人気のある「舊振南餅店(ジウヂェンナン)」のパイナップルケーキが、日本で買えるようになりました!台湾発のソフトクリーム&ティースタンドの「蜷尾家/NINAO(二ナオ)」各店で販売されます。
2019年7月18日(木)、蜷尾家/NINAO麻布十番店を皮切りに、ルミネ池袋店、三軒茶屋店と全3店舗で取り扱いが始まりました。他のお店とはひと味違う、こだわりのパイナップルケーキを味わってみてくださいね♪

冬瓜を練り込み丁寧につくられた絶妙の餡

舊振南餅店のパイナップルケーキは、冬瓜を練り込んで丁寧に作られた餡が特徴。自慢の餡はひと口食べると、とろけるような滑らかさと品の良い甘さ、そしてパイナップルの酸味が口いっぱいに広がって、最後の一口まで楽しめちゃいます♪
外側のケーキ部分には粉チーズが使われており、程よい塩味が感じられ、ふんわりとしたバターの甘い香りがより一層美味しさを引き立てています。外側のケーキと、中の餡のしっとりとした食感を楽しんじゃいましょう!
価格/鳳梨酥(パイナップルケーキ) 1,944円(6個入り)

手作りにこだわる創業約130年の老舗

1890年に創業した「舊振南餅店」は、食の安全性と人の喜びをテーマに漢餅を作り続けてきた、老舗スイーツ店です。厳選した食材を使用し、パイナップルも「台南關廟」に限定。それ以外のパイナップルは一切使わないという、食材へのこだわりを持ち続けているのはスゴイですよね♪
もちろん防腐剤は一切使わず、手作りで仕上げられているんだそうです。こうしたこだわりがあるからこそ、舊振南餅店のスイーツは130年間も愛され続けてきたんでしょうね。
日本で舊振南餅店のパイナップルケーキを販売するのは、台湾でアイスクリームブームの火付け役と言われている、ソフトクリーム&ティースタンドの「蜷尾家/NINAO」。
蜷尾家/NINAOの特徴は、食材そのものを活かして、人工的なフレーバーを一切使わないことです。食材にこだわったお店同士、ピッタリの組み合わせですね。

1/2ページ

最終更新:8/15(木) 11:00
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事