ここから本文です

地盤沈下が進むインドネシアの首都で、水没を防ぐ「巨大な防潮堤」は決して役に立たない

8/15(木) 12:16配信

WIRED.jp

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は7月末、首都であるジャカルタ沖に巨大な防潮堤を築くという10年越しの計画に急いで着手することを明らかにした。

凄惨な自然災害と生きるインドネシアの人々、その「非日常」な日常風景

ジャカルタは1年に8インチ(約20cm)の速度で地盤沈下しているだけでなく、海面上昇にも見舞われている。試算によると2050年までに、この都市の3分の1は水没する可能性があるという。これは都市の存続にかかわる、現代において未曽有の危機と言っていい。

とはいえ、防潮堤の配置は文字通り地面の下にある危機と闘うインドネシアは言うに及ばず、いかなる国においても非常に大きな政治的かつ工学的な問題である。

ジャカルタでは住民が地下水を汲み上げすぎている結果、地下の地層が崩壊している。住民に水を供給するために地下水を汲み上げる以外の方法を見出せない限り、ジャカルタの地盤は沈み続け、新たな防潮堤も沈んでしまう。この事態は人類の文明の大半に暗い未来をほのめかすものであり、世界中のどの沿岸部にも付いて回る現象だ。

沿岸地域に共通する問題

ここでジャカルタが、水を入れた複数の巨大なペットボトルの上に載っていると考えてみよう。ジャカルタでは1,000万人の住民の40パーセントが、使用する水を地下から汲み上げている。これは巨大なペットボトルから水を抜いているのと等しいもので、やがてはペットボトル、すなわち地下水で満たされた透水性のよい地層である帯水層がつぶれる。こうして地盤沈下が生じるのである。

ちなみに、地盤沈下はジャカルタに限った現象ではない。カリフォルニアのセントラルヴァレーでも、同様の理由で30フィート(約9m)も地盤が沈下している。もっともインドネシア以外の国々はこの問題に対処しているので、ジャカルタも問題の解決策は把握している。

「大規模な解決策は水を管理すること、地下水の汲み上げをやめることです」とインドネシアのバンドン工科大学で地盤沈下を研究するヘリ・アンドレアスは指摘する。「ところがジャカルタで問題なのは、地下水の汲み上げに代わる方法を依然として見つけられずにいることなのです。それにインドネシアは発展途上国なので、問題はもっと複雑になっています」

例えば、ジャカルタには川が13本あるが、すべて汚染されている。海水を脱塩すればジャカルタへの真水の供給に役立つだろうが、そのためのプラントを稼働させるには莫大な費用がかかる。

それにジャカルタでは水をリサイクルしていないので、すでにリサイクルを実施しているシンガポールやロサンジェルスからも多少は学べるだろう。「もちろん地盤沈下を止められなければ、防潮堤も沈んでしまいます」と、アンドレアスは言う。

1/3ページ

最終更新:8/15(木) 12:16
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事