ここから本文です

6000万年前のペンギンは、身長が152センチもあった

8/15(木) 15:54配信

ニューズウィーク日本版

<ドイツの研究チームが現在までに存在したペンギンのうち最大級の新種が約6000万前に生息していたことを発見>

今から約6600~5600万年前の「暁新世」の時代に、現在のニュージーランドで生息していたと見られる巨大ペンギンの新種が発見された。

巨大ペンギンと人間の身長を比較するニュース動画を見る

ドイツ・フランクフルトにあるゼンケンバーグ自然史博物館の古生物学者ジェラルド・マイヤーが率いる研究チームは、この新種のペンギンの身長が約152センチとヒトの成人ほどもあり、体重は約80キロあったと推定している。今回の研究は、オーストラリアの古生物学の専門誌「アルチェリンガ」のサイトで発表された。

この新種ペンギンは、これまでに存在したどのペンギンよりも大きな種で、現在も生息する身長120センチ前後のコウテイペンギンより遥かに大きいことになる。

新種ペンギンの痕跡は、2018年にアマチュア古生物学者のリー・ラブが、ニュージーランド南島のノース・カンタベリーで発見した。

ラブが発見したのは1つの個体の脚の骨と、翼の骨と見られる幾つかの骨の化石で、これらの化石を調べたマイヤーら研究チームが新種ペンギンと特定した。

<ペンギンの進化と寒冷気候は無関係>

マイヤーは本誌の取材に対して「脚の骨から新種のペンギンの全体像を再構築するのは当然ながら困難な作業だった。しかし暁新世の他のペンギンが現在のペンギンより長いくちばしを持っているので、新種もまた長いくちばしを持っていると推測した」と、話している。当時のペンギンのくちばしが長いのは、主に魚を食べていたためと考えられている。

さらに「この時代のペンギンは、亜熱帯性気候に生息していた。南極大陸が氷河に覆われるのはそれから約2000万年後で、ペンギンの進化は寒冷な気候とは直接は関係していない」とマイヤーは話している。

ペンギンはニュージーランドに特有のものではなく、暁新世の南極大陸でも生息していたと見られている。

アリストス・ジョージャウ

最終更新:8/15(木) 17:06
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-9・24号
9/18発売

460円(税込)

【特集】日本と韓国 悪いのはどちらか
終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

ニューズウィーク日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい