ここから本文です

メッセンジャー黒田、留置所で小室哲哉&桑名正博と同室? YouTubeで逮捕騒動について語る

8/15(木) 8:01配信

リアルサウンド

 キングコングの梶原雄太(カジサック)が8月11日、自身の運営するYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」に動画を投稿。その中で、ゲストとして出演したメッセンジャー・黒田有が自身の逮捕騒動にまつわるエピソードを披露した。

 2009年12月に傷害容疑で大阪府警南警察署に逮捕され、留置所へ収容された黒田。動画では、「番号42番で呼ばれんねんで。知ってるか?」と聞き手を務めるカジサックに向けて、留置所時代の秘話を語り始めた。

 黒田によると、芸能人だからという理由で個室へ通されたようで、部屋にはこれまで黒田含め3人しか入室していないという。黒田以外の収容者は、なんと桑名正博と小室哲哉。思わぬビッグネームの名が挙がり、カジサックは「えぇぇ!?」と驚愕。すると黒田は「この3人やねん。この3人しかおれへんねん。だから3Kって言われてる」とボケをかまし、「これは民放ではできへんねん。『反省の色がない』って言われる」と笑っていた。

 なお、喫煙者の黒田にとって、平日10分・2本だけタバコを吸える喫煙所が、留置所内における数少ない憩いの場になっていたらしい。そこでカジサックから「そこで声かけられたりとかしました?」と聞かれると、黒田は「めっちゃするよ!」と即答。「『ちょっと俺のおもろい話、聞いてもらえます?』みたいな。全然おもんないねん! 放送できへんくらい、お前、それめちゃくちゃ犯罪やないか!みたいな」と奇妙な受刑者がいたことを振り返った。

 さらに、その受刑者は夜中に突然、「イエェェ!!」と大声を発していたという。当時を回想して黒田は「どないしたんかわかれへんから、あとで聞いたら、肛門の中に韓国から×××を(動画では“ピー音”)全部詰め込んで、それが飛行機の気圧で破裂して、その後遺症らしいねん」と話し、「そいつが『俺のおもろい話聞いてや』って。そんな事よりお前、行動がおもろいやん! それを言えよ!」とまくしたてた。これを聞いたカジサックは腹を抱えて笑い転げ、「いや、幸せやわ、この話聞けて! 死ぬほど面白いじゃないですか!」と絶賛していた。

 カジサックから「たしかにこの話は地上波で中々できないですね」と言われると、黒田は「やってもカットされるしな」と一言。続けて、「もっとあんねんホンマは。『ここ出たら真面目に働こうと思います』って言うたやつが8回詐欺やってたりとか。嘘やろ、お前! 誰が信用すんねんみたいな」と、たくさんの面白受刑者とのエピソードを隠し持っていることをほのめかしつつ、「だから、いつかトークライブやったろ思ってる」と宣言していた。

こじへい

最終更新:8/15(木) 8:01
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事