ここから本文です

NYダウが暴落!米株を信じて「積立投資」を続けていいのか?

8/15(木) 12:15配信

幻冬舎ゴールドオンライン

14日、ニューヨーク株式市場ではダウ平均株価が大幅に下落、終値は800.49ドル安となり、今年最大の下げ幅となった。債券市場で2年債と10年債の金利が逆転する「逆イールド」が起こったことが主要因とされる。「手堅い」といわれる米株への積立投資を始めたばかりの人も多いだろうが、このような下がり相場となると、「このまま続けていいのか?」と心配になるかもしれない。どう捉えていくべきだろうか。

積立投資では「始めたときの価格」は問題ではない

投資というと「最初に購入した価格」を基準に考えてしまいがちであるが、長期積立投資に関しては、始めたときの価格は大して問題ではない。

「毎月、定額を購入する」という買い方なのだから、最初に購入した価格など、何回も購入する価格のうちの1つにすぎない。察しの良い人ならわかると思うが、長期積立投資とは購入価格を「平均化する」手法なのである。この手法を「ドルコスト平均法」とも呼ぶ。

NYダウ連動の投資信託に長期積立投資をしているとして、このまま株価が下がって下がって、ずーっと下がり続けたら、さすがに損をするかもしれないが、いつかは底が来るのが相場である。このとき「最初に購入した価格までは戻らなかった!」ということになっても、「最初の価格に戻らない」ということ自体は問題ではない。

(現在の単価 × 購入した数) - (毎月の購入額 × 購入を続けた月数)がざっくりと現金化したときの利益をはかる計算となるが、マイナス記号の左が「現金化したときに手に入る金額」であり、左のうち「現在の単価」は市場価格の上昇、「購入した数」は市場価格の下落が増加要因となる。マイナス記号の右は費用(いままでに使った金額=元本)となるが、ここは毎月自分の定めた一定額が増えていく。

具体的な数字で考えてみる。A株に300円ずつ5ヵ月積立投資したとしよう(長期投資はもっと期間が長いが便宜上簡略化する)。最初の月、A株は1株100円とする。なので3株を買えることになる。

次の月、暴落が起こり、A株は10円となってしまった。すると300円で30株が買えることになる。3ヵ月目は少し戻してA株は30円となった。300円で10株が手に入る。

4ヵ月目、A株は30円のままだった。さらに10株が手に入る。5ヵ月目、A株は50円になった。6株が買える。

さて、目標としていた5ヵ月目、A株は100円→50円と半値になってしまった……。損をしているのだろうか? 計算してみると、

(現在価格1株あたり50円×59株)- (1ヵ月あたり300円×5ヵ月)

= 2,950円 - 1,500円 = 1,450円

元本1,500円が2,950円となった。1,450円の利益が出ていることがわかる。最初の価格と現在価格の差だけの問題ではないことが、よくわかると思う。

1/2ページ

最終更新:8/15(木) 12:15
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事