ここから本文です

錦織は悔しさ露わ…西岡は感情爆発 対照的な姿に海外反響「我々は彼の名前を忘れない」

8/15(木) 9:34配信

THE ANSWER

憧れの錦織を撃破した瞬間、西岡は歓喜が爆発

 テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープンの男子シングルス2回戦で世界ランク77位の西岡良仁(ミキハウス)が同5位の錦織圭(日清食品)と初対戦。7-6、6-4のストレートで破り、自身初のトップ10選手撃破を飾った。勝利の瞬間、帽子を脱ぎ捨てる喜び爆発のシーンを、ATPツアーが動画付きで公開。海外ファンも反響を寄せている。

【動画】錦織は悔しさ隠さず…一方の西岡は感情爆発 海外ファンも対照的な2人の様子に反響、ATPツアーが公開した西岡の勝利の瞬間

 待望していた日本のエースとの対決。それに勝ってしまうのだから、この喜びようも無理はないか。第2セットで迎えた西岡のマッチポイント。錦織のサービスに対し、バックハンドで深いボールを打ち込む。これに対しての錦織のリターンがアウトに。大金星を手にした、その瞬間だ。

 西岡は一瞬、膝から崩れ落ちかけ、ぎりぎりで踏ん張ると帽子を脱ぎ捨てた。信じられないとばかりに顔を覆うと、一度表情を戻して、ネット越しに錦織と握手。険しい表情の錦織とは対照的に、最後まで感無量の様子で、最後は両手を挙げてファンに応えていた。

 ATPツアーは、公式インスタグラムでこの番狂わせのシーンを動画で公開。「この名前を覚えて ヨシヒト・ニシオカがニシコリを下し、ウエスタン・アンド・サザン・オープンで初のトップ10への勝利を挙げる」と記し脚光を浴びせると、海外ファンも「ニシオカvsニシコリ」の結果と、2人の対照的な様子に関心を寄せている。

ATPツアーは「この名前を覚えて」と脚光、ファンも「彼の名前を忘れない」

「我々は彼の名前を忘れないだろう」
「ニシオカはお辞儀をし、ニシコリは嫌な奴のような振る舞いだ」
「ニシコリは調子が悪かったんだ……」
「もっと彼の同郷人に敬意を払うべきだった」
「自身のヒーローであるニシコリを倒し、彼はハートとメンタルの強さを示した、よくやった」
「ニシコリはハッピーじゃないね」
「スーパーサムライ!」
「よくやったニシコリ」
「彼は素晴らしい」
「ニシコリがニシコリに勝った。冗談、ニシオカは良いプレーをした」
「素晴らしいパフォーマンス」

 昨年の深セン・オープンで優勝した後のスピーチでは、「僕の名前を覚えてください。錦織ではなく、西岡です」とジョークを飛ばしていた日本人No.2のレフティー。憧れの存在を破り、さらに上を目指したい。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/16(金) 9:29
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事