ここから本文です

久保建英、完敗もキレキレドリブルで存在感 地元紙は高評価「クボのみが印象与えた」

8/15(木) 12:23配信

THE ANSWER

カスティージャの一員としてテストマッチに出場、右サイドに入り違いを見せる

 海外サッカー、スペイン1部レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は14日、カスティージャ(Bチーム)の一員としてクルトゥラル・レオネサとのテストマッチに先発出場。右サイドに入って見せ場を作ったが、チームは0-3で敗れた。それでもスペイン紙「マルカ」は「クボが印象付ける」「クボのみが印象を与えた」などと高く評価している。

【動画】右サイドでボールを受けると絶妙のタッチで相手を置き去りに…「クボのみが印象を与えた」とマルカ紙が称賛、久保の見事なスキル

 敗戦の中でも、久保が光を放った。カスティージャで右MFとして攻撃を活性化させた日本のワンダーボーイ。特に見せ場は前半17分だ。右サイドでボールを受け、右足でトラップ。そして左足の絶妙タッチで相手を置き去りにすると、そのままドリブルで前進。切り込んだ後に右足で逆サイドにグラウンダーのボールを供給した。

 得点にこそつながらなかったが、一瞬で久保の存在感を印象付ける高等テクニックだった。

 その後も何度かチャンスに絡んだ久保だが、チームは完敗。スペイン紙マルカは「カスティージャ敗戦も、クボが印象づける」との見出しで久保に脚光を浴びせている。

「水曜日、レアル・マドリード・カスティージャはシーズン前の親善試合を行った。彼らは3-0で敗戦。タケフサ・クボのみが印象を与えた」と称え、さらに「クボはチームを前進させようと、ベストを尽くした。しかし、彼は援助を得ることがほとんどできなかった」と孤軍奮闘ぶりを伝えている。

 カスティージャは25日にラス・ロサスとの開幕戦を迎える。久保はこのまま開幕を迎えることになるのか。今後の動向から目が離せない。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/15(木) 12:51
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事