ここから本文です

EXILE・黒木啓司、「旦シェア」で凶悪犯を熱演『しっかり演じられるように』<インタビュー>

8/15(木) 6:00配信

ザテレビジョン

8月15日(木)に第7話が放送される「わたし旦那をシェアしてた」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)にて、凶悪犯・森雄作を演じる黒木啓司(EXILE、EXILE THE SECOND)。「ザテレビジョン」では、黒木にインタビューを行った。

【写真を見る】劇中での“怪演”も話題の黒木啓司

同作は、同じ男性を愛した3人のシングルマザー・晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)が愛と欲望のために戦いながら、「愛した夫」・恭平(平山浩行)が残した謎とうそに巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。

黒木が演じる森は、恭平の死に関係している凶悪犯。裏サイトであらゆる犯罪を請け負う、サイコパスであり、異常快楽殺人者という役どころだ。

黒木は、ドラマのオファーを受けたときの印象や、撮影現場の様子など語ってくれた。

――「わたし旦那をシェアしてた」に出演していかがですか?

素晴らしい大役を演じさせていただき、本当にありがたいと思っています。

――黒木さんが演じる森雄作はどのようなキャラクターですか

一言でいうと“サイコパス”です。でも、かわいそうな人でもあるなと思っています。人間は、今まで生きてきた環境がより大きく影響してくるので、一言でかわいそうとも言い切れないですが、快楽を法律上で間違えてしまった人なんですよね。

――共演者の方々の印象を教えてください。

女性陣だと岡本さん以外の、小池さん、りょうさん、夏木さんと共演経験があって、皆さん本当に気さくな方です。

緊張感もありながら、楽しく撮影しています。すごく素敵な女優さん方です。自分は、普段演技をする俳優業がメインではないので、まずは迷惑をかけないことを心掛け、しっかり演じられるようにと現場に挑んでいます。

――犯人や、事件に絡んでいる男性ばかりの「森グループ」での撮影は、非常に重たいシーンが続くと思いますが、撮影現場で松田秀明役の赤楚衛二さんや、佐伯役の渋谷謙人さんとはどのようなお話をされますか?

意外に思われるかもしれませんが、現場でも楽しくいろんな話をしています。赤楚くんとは撮影で遅くなった時に、一緒に帰ったこともありますし、赤楚くん、すごく好青年です。渋谷さんは、明るい方です。飲みに行ったこともあります。

――ドラマの中では3億円を奪おうと、晴美らをだますシーンがありますが、黒木さんが実際に3億円を手に入れたらどう使いますか?

親孝行したいです。親を安心させたいと思う気持ちがあります。

――普段は、EXILEとしてグループでの行動が多いと思いますが、ドラマのようにシェアハウスに入ることになるとしたら生活する上で気にしてしまうことはありますか?

少し潔癖なんです。なので、共同で使うお風呂の床やタイルは気になってしまうかもしれないです(笑)。

――第5話では、森がシェアハウスで子どもたちと一緒に踊るシーンがありましたが、あそこで見られた“ランニングマン”(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」)での振り付けをされていましたが、アドリブですか?

そうですね。監督さんから「踊ってほしい」と言われたので、視聴者の方々が見ていて分かる踊りを入れてみました。

――最後に、第7話の見どころを教えてください。

犯行仲間の一人である、秀明(赤楚)との対決を楽しみにしていただけたらと思います。でも、僕が演じる森自身にとっても大事な回となるので、全部に注目していてほしいです。(ザテレビジョン)

最終更新:8/16(金) 12:35
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事