ここから本文です

仲村トオル、怒りの机たたき! 特別動画で“激情の軌跡”をたどる<サイン>

8/15(木) 9:00配信

ザテレビジョン

大森南朋主演ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)で名物となっている、仲村トオル演じる日本法医学研究院の現院長・伊達明義による“怒りの机たたき”。

【写真を見る】怒り爆発の仲村トオルが大森南朋を威嚇?

そこで、「真実とは勝者に与えられるものだ」と言い切り、権力側に寄り添う危険な男・伊達の「激情の軌跡」をたどる特別動画が、8月15日(木)からYouTube「テレ朝チャンネル」で配信されている。

■ 特別動画は、肝試し以上に“ビクッ”?

遺体から“真実”をあぶり出す法医学者たちと、不都合な“事実”を隠ぺいしようとする巨大権力の熾烈な攻防戦を描く本ドラマ。

その中でも、伊達役・仲村トオルによる“怒りの机たたき”が話題となっており、7月に行われた制作発表記者会見でも仲村が「机をたたき過ぎて壊さないよう気を付けます」と苦笑いしたほど、伊達はふつふつと湧き上がるダークな感情をダンダンダンッと机にたたきつけてきた。

今回配信された特別動画は、夏の風物詩・肝試し以上に“ビクッ”とする、伊達の机たたき場面、うっかり膝がガクガクしそうなくらい圧の強い名言の数々、思わず涙を誘う“眼鏡の奥に隠された本音”など、伊達の魅力がてんこ盛りとなっている。

■ 柚木が、さらなる激動の波にのまれていく…

8月15日(木)放送の第5話では、連続変死事件の真相を突き止めようとする柚木が、さらなる激動の波にのまれていくことに…。

第4話で、恩人であり師匠である「日本法医学研究院」の元院長・兵藤邦昭(西田敏行)が自殺し、絶望の淵に立たされた柚木。

そんな中、先だって不審な死を遂げた医師2人に続き、元看護師も遺体で見つかり、3人の接点が“25年前の医療ミス疑惑”にあることが判明する。

兵藤の命と引き換えに手に入れた“サイン”によって、事件の全体像をひもときながら、被害者たちの命を奪った“見えない毒”を突き止めようとする柚木。かたや、なかなか尻尾を出さない事件の黒幕…。

さまざまな事件の裏で糸を引く“すべての黒幕”との、“どこまでも予断を許さない最終決戦”がついに開幕する。

さらに、この壮絶な最終決戦と並行して兵藤の自殺の真相、25年前に死んだ柚木の父の死因に関する“衝撃の事実”も判明。やがて、柚木は“究極の決断”を迫られることになり…。

1度見始めたら止まらない、片時も目を離せない激動の回となりそうだ。

■ 第5話(8月15日[木]放送)あらすじ

25年の時を経て浮上した「慶徳小笠原病院」の現院長・小笠原達三(篠井英介)による医療ミス疑惑および、「日本法医学研究院」の元院長・兵藤邦昭(西田敏行)の解剖結果ねつ造疑惑。

さらに、ここに来て「慶徳小笠原病院」の医師2人が同時期に遂げた不審な死、そして兵藤の突然過ぎる自殺…。

得体の知れない闇が渦巻く中、解剖医・柚木貴志(大森)は兵藤が自殺する前に伊達(仲村)と会っていたことを知る。兵藤は柚木にとって、かけがえのない恩人。その兵藤がなぜ死を選ばなければならなかったのか…。

そもそも、兵藤は本当に自殺したのか…。とてつもないショックを受けると同時に、事の経緯が解せない柚木は伊達を追及する。だが、伊達からは答えを得られず…。

そんな中、失踪していた「慶徳小笠原病院」の元看護師が遺体となって見つかる。

しかも、先だって死亡した医師2人と同様、目立った所見はなく、解剖した柚木も心不全との診断しか下せない。だが、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)はこれを疑問視。

亡くなった医師たちが死ぬ直前に小笠原と会っていたこともあり、事件性を怪しむ。かたや、柚木も毒殺の可能性を捨てきれないでいたが、血液検査で毒は検出されておらず…。

その矢先、小笠原の医療ミスが疑われる25年前の手術に、死亡した3人が立ち会っていたことが判明。さらに追い打ちをかけるように、新たな死者が出てしまう。

混迷を極める事態。やがて、同じく25年前にこの世を去った柚木の父の死因に関する“衝撃の真実”も明らかに。この真実が、柚木の確固たる信念に揺さぶりをかけ…。(ザテレビジョン)

最終更新:8/15(木) 9:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事