ここから本文です

【14日の移籍動向】元日本代表DF酒井高徳が8年ぶりにJ復帰! 新天地は神戸に決定

8/15(木) 5:45配信

Football ZONE web

酒井高徳、ドイツ2部ハンブルガーSVから完全移籍で神戸へ

 J1ヴィッセル神戸は14日、ドイツ2部のハンブルガーSVから元日本代表DF酒井高徳を完全移籍で獲得したと発表した。アルビレックス新潟の下部組織出身の酒井は2009年に昇格すると、開幕戦でリーグ初出場。翌2010年に行われた南アフリカ・ワールドカップ(W杯)には、選出こそされなかったが、サポートメンバーとしてチームに同行した。2011年にドイツ・ブンデスリーガのシュツットガルトに移籍すると、2015年にはハンブルガーSVへ移籍し、翌年からは主将も務めた。

【一覧】欧州「夏の移籍市場」の動向を総まとめ! 2019-20シーズン「退団&新加入選手」

 代表としても、2012年のロンドン五輪メンバーに選出されてベスト4進出の原動力となり、2014年ブラジルW杯、2018年ロシアW杯と2大会連続でメンバー入り。決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)で敗退後、「次のW杯を僕は目指すつもりはない。未来と希望がある選手が目指したほうがいい」と述べ、クラブでの活動に専念していた。

 また海外では同日、モナコがセビージャからフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルを完全移籍で獲得したと発表した。

 史上初めてフットサルとサッカーのフランス代表に選出されているベン・イェデルは、16年夏にセビージャに加入。公式戦138試合で70ゴールを記録していた。また、フレン・ロペテギ新監督が率いるセビージャは、今夏にザルツブルクからイスラエル代表FWモアネス・ダブールを、PSVからオランダ代表FWルーク・デ・ヨングを獲得しており、ベン・イェデルは放出候補となっていた。

<スペイン/ラ・リーガ>
■ヘタフェ
DF シャビエル・エチェイタ アスレチック・ビルバオよりフリートランスファーで獲得

■レアル・バジャドリード
GK アンドリー・ルニン レアル・マドリードよりレンタル移籍で加入

■バレンシア
DFハウメ・コスタ ビジャレアルよりレンタル移籍で加入

■レガネス
DFケネス・オメルオ チェルシー(イングランド)より完全移籍で加入

■セビージャ
FWロニー・ロペス モナコ(フランス)より完全移籍で加入

<ドイツ/ブンデスリーガ>
■ボルシアMG
DFラミ・ベンセバイニ スタッド・レンヌ(フランス)より完全移籍で加入

<フランス/リーグ・アン>
■モンペリエ
GKヘロニモ・ルジ レアル・ソシエダ(スペイン)よりレンタル移籍で加入

<Jリーグ>
■松本山雅FC
MF 山本真希 ジェフユナイテッド千葉よりレンタル移籍で加入

Football ZONE web編集部

最終更新:8/15(木) 5:45
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事