ここから本文です

フランス最古の鉱山集合住宅が泊まれる博物館に。

8/16(金) 18:55配信

Casa BRUTUS.com

フランスの産業革命を支えたブリュエ鉱山。19世紀中頃から20世紀初頭まで拡大し続けた労働者とその家族のために築かれた現存するフランス最古の鉱山集合住宅〈シテ・デ・ゼレクトリシアン〉が、宿泊施設と博物館に生まれ変わった。

現存する563戸の庭付きの住宅の一部に当時の住環境を再現し、展覧会場では北フランスの工業史やレジデンスとして迎えるアーティストの特別展を企画する。

photo_Antéale - Photographe, ©adagp - 2019 ©Julien Lanoo text...

最終更新:8/16(金) 19:19
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事