ここから本文です

2.5Mの巨大ドラゴンが出現! 現代アートの新鋭・コムロタカヒロの展覧会。

8/16(金) 12:05配信

Casa BRUTUS.com

フィギュアやソフビから着想を得たポップな彫刻作品で、国内外問わず高く評価されているアーティスト、コムロタカヒロの展覧会が〈銀座 蔦屋書店〉にて開催中。ポップで不思議なコムロ作品の世界を、あなたも覗いてみませんか?

アクションフィギュアやソフビをモチーフにした彫刻を制作し、国内のみならず世界でも活躍する彫刻家のコムロタカヒロ。彼の初発表作品の展覧会『Vortex』が、〈GINZA SIX〉内〈銀座 蔦屋書店〉のイベントスペース〈GINZA ATRIUM〉にて開催中だ。“Vortex”=渦と題されたこの展覧会では、その名の通り、コムロの想像と思考が渦を巻くように表現されている。

「アートは思考を具現化させる魔法のようなものです。中でも彫刻は自由で危うい想像の世界、異界を現実世界に存在させてしまうスリリングなメディアで、2つの世界を隔てるものは彫刻の表面に存在する薄皮一枚だけだと思います。この展覧会は、彫刻によって日常空間を銀河のような巨大なエネルギーの渦=Vortexへと変容させるものです」とコムロ。

なかでも目を引くのは、全長Mにもなるドラゴンの彫刻《Magic dragon》だ。まず大きさに驚くが、モチーフであるフィギュアのように胴体につなぎ目があり、ディテールまで作り込まれている。他にも2つの顔を持つ少女や木の精霊など、ポップで神秘的な作品が集まったこの展覧会。注目の若手アーティスト、コムロタカヒロの世界を体感する絶好の機会となるはずだ。

text_Housekeeper

最終更新:8/16(金) 12:05
Casa BRUTUS.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事