ここから本文です

【RIZIN】浅倉カンナと戦うアリーシャは東京五輪出場も目指すレスラー「とてもエキサイティングな試合になると思います」

8/16(金) 12:03配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される『RIZIN.18』の第8試合女子49kg契約5分3R(ヒジあり)で、浅倉カンナ(パラエストラ松戸)と対戦するアリーシャ・ザペテラ(アメリカ/SCORPION FIGHTING SYSTEM)が、16日(金)名古屋市内にて事前インタビューに答えた。

【写真】アスリート体型でポーズも決まっているアリーシャ

 アリーシャは5歳でレスリングを始め、高校時代にはレスリング部のキャプテンを務めて2度のオハイオ州王者、3度のナショナル王者に輝いた。高校時代の通算戦績は143勝36敗。2016年にはリオ五輪の代表候補にも選出されたが、最終選考で6位となり出場は逃した。同年10月に『KOTC』でMMAプロデビューを果たし、2017年2月には中国の『KunIun Fight』でプロ2戦目にしてフライ級王者に。2018年7月からは『Invicta FC』に参戦し、初陣からメインに抜擢。デビューから無傷の5連勝だったが、今年6月の『Invicta FC 35』でヴィヴィアン・ペレイラに判定負けして連勝がストップしている。

「コンディションは素晴らしい状態です。準備はできています」と、準備万端であると話すアリーシャ。「浅倉はアトム級世界ランキング5位の選手なので、そんな相手に自分の実力を試せる事をとても楽しみにしています。また、2人ともグラップラーなのでどんな試合展開になるか楽しみです。レスラーと戦うのは今回が初めてなのでどうなるか分かりませんが、とてもエキサイティングしています。私の今までのキャリアの中で最も大きな戦いになると感じています」と、モチベーションはかなり高いようだ。

 浅倉の印象については「彼女は素晴らしいレスラーでアグレッシブな選手だと考えています」と評し、「私にとっては大きな挑戦になりますが、とてもエキサイティングな試合になると思います。彼女のアグレッシブさに私のデフェンス力の高さと得意な投げが有効でしょう」と激闘を予想している。また、「寝技になれば私には柔術もあります。これはMMAなので、私のMMAの力を証明できるでしょう」と総合力でも自身が上だと語った。

「どのような戦いになっても準備は出来ています。私は前戦でプロとして初めて試合に負けてしまったので、これからはどんな戦いにも準備を整えて戦っていこうと思っています」と、初の黒星を喫したことで気が引き締まった、とも。

 レスリングのことを聞くと「5歳からレスリングを始めて、18歳まで対戦した女性の選手は4人だけ。それまでは地域で唯一の女性レスラーだったので、18歳まで男性と練習や試合をしていました」とのエピソードを明かす。前回は惜しくも五輪出場を逃したが「もちろん2020年も目指しています。2020年のオリンピックの1週間前までトライアウトできるので時間はまだたっぷりあります」と、東京五輪出場も目指しているという。

「日本で戦うことにとても今、興奮しています。日本で戦うことがひとつのゴールでもありました。なぜなら日本は格闘技をとてもリスペクトしている国だと感じているからです。RIZINでタイトルを獲れるように一生懸命頑張りたいと思います」と、RIZINのベルトも狙っていくというアリーシャ。「ファンを楽しませたいと思っています。そして、素晴らしいショーを世界の皆さんにお見せしたいと思っています」との意気込みを語った。

最終更新:8/18(日) 9:43
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事