ここから本文です

欧州は脱ディーゼルが顕著! それでも日本はディーゼル車ファンが消えないワケ

8/16(金) 6:20配信

WEB CARTOP

ディーゼル車の高い車両価格は免税でカバーできる

 日本では未だに高い注目度を集めるディーゼルエンジン搭載車。一方、欧州ではすでにディーゼルエンジンから電気自動車(EV)へのシフトが着々と進みつつあり、脱ディーゼルへ歩みを進めるメーカーも登場するほどだ。そんななかでも日本でディーゼルエンジンを求めるユーザーが消えない理由は何なのだろうか?

世界初の1リッターディーゼルを実現した国産車!

 第一に挙げられるのが、税制面での優遇ではないだろうか。今後はどうなるか分からないが、現状ではクリーンディーゼル車はエコカー減税の対象車となり、新車時の取得税や自動車重量税が免税となる。

 ガソリンエンジンモデルも併売する車種で見ると、車両価格で数十万円高額なディーゼルエンジン搭載車ではあるが、免税効果を考えると支払額の総額は小さくなるのである。そして燃料代の安い軽油を使うということで、トータルでの出費が少なくても済むような気がするのだろう。

 ただし、燃料代は少なく済むかもしれないが、ディーゼルエンジン専用オイルはガソリンエンジン用オイルよりも高額であったり、車種によっては排気ガス浄化システムにAdBlue(アドブルー)を使用する車種もあったりするので、使い方によってはランニングコストでも大差がない場合があるので注意が必要だ。

低回転域から大きなトルクを発生する走りに魅了される人多数!

 ディーゼルの魅力の2つ目は、そのトルクフルなエンジン特性だろう。エンジンの情報を見るときにどうしても最大出力=パワーを気にしてしまいがちだが、ピークパワーは、それこそつねに全開走行でもしない限りはあまり恩恵を受けられない部分であり、日常的に運転する場合はトルクのほうが重要なのだ。

 その点で低回転域からぶ厚いトルクを発生してくれるディーゼルエンジンは、街中でも効果を実感しやすく、一度乗ってしまうとそのトルク感の虜になってしまうユーザーが多いのではないだろうか。

 そして最後の魅力的なポイントはやはり丈夫さだろう。古くからディーゼルエンジン車を愛用しているユーザーからは「10万キロでようやく慣らし運転が終わった」という声が冗談半分に聞こえるほどだが、これもその丈夫さを物語るエピソードのひとつ。トラックやバスなどの商用車に多く採用されているのも、その丈夫さが評価されているというのは想像に難くない。

 もちろん適切なメンテナンスが必要なことはいうまでもないし、チョイノリの多いユーザーには不向きという点もあるので、やはり最後は自分の使い方にマッチしているかどうかが一番重要な点と言えるだろう。

小鮒康一

最終更新:8/16(金) 16:53
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事