ここから本文です

経済発展なんてどうでもいい、香港デモを巡る中国政府の本音

8/16(金) 12:13配信

Wedge

 香港での抗議活動が続いている。香港域内で検挙された刑事事件の容疑者(外国人の場合も含む)を中国へ移送して裁くことを可能にする「逃犯条例」(容疑者引渡条例)の改正に反対する市民の抗議活動だ。すでに林鄭月娥・行政長官は「改正案は死んだ」などと発言して、事実上の撤回を表明しているが、香港市民が求めているのは「完全撤廃」だ。これは中国人の「口先だけならなんとでも言える」習性を熟知している彼らだからこその行動だろう。

 抗議活動を取り締まる当局側の動きも過激化している。催涙弾やゴム弾はもはや恒常的に使用されている。白や黒のTシャツを着た集団に、デモ参加者のみならず、地下鉄に乗車しているだけの市民が襲われたりと、不透明な部分も多い。

 そして8月12日には、デモ参加者が香港国際空港へなだれ込んだというニュースが飛び込んできた。きっかけは、ある女性の負傷だった。警察が水平射撃したゴム弾が、デモに参加していた女性の目に直撃した。女性は病院に運ばれたものの失明する可能性があるという。これに憤ったデモ参加者たちが「警察のやり方は過剰すぎる」と怒りをあらわにし、空港へと集結したというのだ。空港を利用する外国人旅行者に、香港の現状を知ってもらおうと、ビラを配布したりプラカードを掲示するためだ。

 そしてついに当局は、香港国際空港の閉鎖を決めた。すべての離発着する便を欠航にし、旅行者に対しては「すみやかに空港から離れるように」とアナウンスを始めたのだ。中国政府の記者会見でも、報道官が「テロの恐れがある」と言及しているように、これはもはや一触即発の事態と言ってよい。

 そもそも多数の外国人旅行者が行き来する空港では、警察隊もむやみにデモ隊の鎮圧が出来ない。しかし、航空便の発着を停止し、外国人を空港から退避させればどうなるか。空港に残っている人間はすべてデモ隊とみなし、文字通り一網打尽にする計画が進んでいると言ってもよいだろう。

 ニュース映像では、日本人観光客が空港に足止めされたケースや、乗り継ぎの合間にちょっと香港観光をするつもりだった、などというコメントが流されていたが、もはや事態はそんな悠長なことを言っているレベルではないことを知るべきだ。私を含め、民主的かつ自由な国家で生まれ育った人間には、一党独裁の共産主義国家を牛耳る人間たちの価値観や発想が、想像もつかないものだということを肝に銘じるべきだろう。

1/3ページ

最終更新:8/16(金) 12:13
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年10月号
9月20日発売

定価540円(税込)

■特集 再考「働き方改革」―先進企業が打つ次の一手
■ホルムズ危機が問う安保法制に残された課題
■GSOMIA破棄が示した韓国・文政権の野望

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事