ここから本文です

エアコンの効きをよくするには室外機のケアも大切だって知ってた?

8/16(金) 6:50配信

@DIME

連日30℃を超える今の季節に、冷房は欠かせない。そのため、エアコン本体のフィルターを掃除して冷風の出をよくしたという人は多いだろうが、実は、「室外機のケア」も効果的だということをご存じだっただろうか?

そこで今回、エアコンに関するアンケート調査の結果と共に、意外と盲点になりがちな室外機のケアについて、押さえておきたい3つのポイントを紹介していく。※画像ありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

昨年の夏は「災害級の暑さ」~最高気温の記録 全国91地点で更新~
昨年の夏は各地で体温を超えるような猛暑日が数多くあり、埼玉県熊谷市では41.1℃を観測し、5年ぶりに過去最高記録を更新した。

また、全国91地点でも観測史上最高気温を記録し、大きなニュースになったことは記憶に新しい。

さらに近年は、真夏日、猛暑日が増加傾向にあることもあり[グラフ1] [グラフ2]、夏場にエアコンを使用する回数も増加することが予測される。



約5人に1人が、エアコンの効きが悪いと感じたり、止まったりした経験がある
夏にエアコンを使用する際に、効きが悪いと感じたり、止まったりすることがあるとの回答は、22.8%となり、約5人に1人の方が夏のエアコンに対して悩みを抱えていることが分かった[グラフ3]。

この悩みの解決策としてよく知られているのは、フィルターのお手入れだが、実は室外機のケアも重要。

しかし、調査における「エアコンの効きが悪いと感じたり、止まったりすることの原因は何か」との設問においては、「エアコンのフィルターの汚れ」と回答した方は46.3%となる一方、「室外機周辺の環境」と回答した方は23.7%となり、「エアコンのフィルターの汚れ」に対して20%以上も低い認知率であることが明らかに[グラフ4]。





エアコンは外気温43℃で1時間の連続運転が可能であることが決められている(JIS基準)
逆に言えば43℃以上には規定がないので、43℃を超えるとエアコンの稼働に支障をきたす場合もある。

室外機の周りの温度は、運転時保証温度の43℃を超え、天気予報で聞く気温よりも高くなる場合がある。

これは、冷房時、ファンから温風が吹き出す為、風通しの悪い環境だと、冷房時に室外機のファンから吹き出す温風で熱がこもるからだ[図1]。

見落としがちだが、実は冷房の効きをよくするには、室外機の設置されている場所(周辺環境含む)にも注意が必要なのだ。



約8割の方が室外機のケアをしていない!
「1年以内にご自宅のエアコン本体(フィルターや内部等)・室外機を掃除したことがあるか」との設問に対して、77.4%がエアコン本体の掃除をしていると回答。

それに対し、室外機を掃除した人は16.2%にとどまり、エアコン本体に比べ室外機がケアされていないことが分かった[グラフ5]。

また、「自宅のエアコンの室外機について、実施していることはあるか」との設問に対して、一番回答の多い「直射日光の当たらない場所に設置しているでも22.5%[グラフ6]と、多くの方が室外機の周辺温度が高くならないような対策をしていないことが明らかに。

これは効きが悪いと感じたり、止まったりすることの原因の一つと考えられる。





冷房効率UPのために、押さえておきたい3つの室外機ケア方法
今回の調査結果を踏まえたうえで、エアコンの効きと密接な関係にある室外機の正しいケア方法を紹介していく。

冷房時、室内機で吸収された室内の熱は、室外機に運ばれて、室外機が吸い込んだ空気(外気)の中に放出される。

この時、室外機が吸い込む空気が暑すぎると熱を放出しづらくなり、冷房の効率が落ちてしまう。

そのため室外機が吸い込む空気の温度(吸込み温度)を上げないようにケアすることが重要だ。

ポイント1:室外機周辺の風通しが悪くならないよう周りに十分なスペースを確保する。


室外機周辺に十分にスペースを確保せずに室外機を設置してしまうと、風通しが悪くなり、室外機から吹出す温風がこもって吸込み口周辺の空気の温度が高くなって冷房効率悪化につながる。

室外機の周りにスペースを空けて、空気がスムーズに流れるようにしよう。

※図に記載しているスペースは、三菱電機がルームエアコンにおいて推奨する値。

ポイント2:室外機のファンの前に、吹き出す温風をさえぎる物を置かない。


正しいスペースで室外機が設置されていても、室外機のファンの前に物や植物等の障害物を置くと、室外機から吹き出す温風を再び吸い込んでしまい効率が下がる。室外機のファンの前には物を置かないようにしよう。

ポイント3:直射日光が当たらないよう室外機に日除けを設置する。


直射日光で室外機周辺の空気が暖められると、吸込み温度が上がり冷房の効率が落ちてしまう。日除けなどで室外機周辺の直射日光を遮ると効果的。

※日除けについては各メーカーに問い合わせいただきたい。

なお、室外機のケアとして「雨に当たらないようにしている」人は19.0%で、一番多かった「直射日光が当たらない場所に設置している」という人と同じくらい多くいた[グラフ5][グラフ6]。

しかし、室外に置くことが前提で作られているので、雨に当たっても問題はない。冷房効率を落とさないようにするためには、室外機周辺の温度が上がらないように日除けをすること、風通しを良くすることがポイントとなる。

【調査概要】
■調査対象者:東京都・大阪府在住の30-59歳の女性で、マンションまたは戸建てにお住まいのエアコンを所有している方624名
■調査方法:インターネット
■調査期間:2019年6月24日(月)~6月28日(金)

出典元:三菱電機 霧ケ峰PR事務局

構成/こじへい

@DIME

最終更新:8/16(金) 6:50
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年11月号
9月14日発売

定価980円

スマホ激変!
キャッシュレス決済 最終案内
グルメな調理家電&ツール39
特別付録 デジタルスプーンスケール

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事