ここから本文です

40歳ピサーロのラストダンス、U-21欧州得点王にあのテュラムの息子も! 新シーズンのブンデスで新旧点取り屋を見よ!

8/16(金) 18:15配信

footballista

本誌連動企画:さぁ開幕!19-20ブンデスリーガの要注意人物+α

8月16日(金)、ブンデスリーガの2019-20シーズンがいよいよスタートする 。バイエルンによる未踏の連覇記録更新が続いているが、昨季はドルトムントがわずか2ポイント差に迫り、さらにその両雄が激突したドイツスーパーカップはドルトムントに軍配。彼らを追うRBライプツィヒも新たに就任したユリアン・ナーゲルスマンの下でさらなるスケールアップの予感を漂わせており、例年になく激しいマイスターシャーレ争いへの期待感が高まっている。

発売中の『月刊フットボリスタ第72号』の特集「19-20欧州各国リーグ展望53人の要注意人物」 ではバイエルンのウリ・へーネスやドルトムントの新戦力トルガン・アザール&マッツ・フンメルスをはじめ、主要クラブのメインキャストにフォーカスした。だがもちろん、他にもたくさんの「要注意人物」たちがいる。ここでは、本誌特集では紹介し切れなかった3人のFWをピックアップ。上は40歳(!)から下は22歳まで、そのプレイにぜひ注目してほしい。

文 遠藤孝輔

目に焼き付けたい、リビングレジェンド最後の舞い

#1
Claudio PIZARRO
クラウディオ・ピサーロ

1978.10.3(40歳) 184cm / 84kg
元ペルー代表
ブレーメンFW|2年目(通算10年目)
昨季リーグ成績:26試合|5得点


 クラブの垣根を越えて、ブンデスリーガのあらゆる関係者、ファンのリスペクトを集めるストライカーが、2019-20シーズン限りでスパイクを脱ぐ。クラウディオ・ミゲル・ピサーロ・ボシオ。ちょうど20年前の1999年夏にペルーの名門アリアンサ・リマからブレーメンにやって来た青年は、外国人では歴代最多の通算472試合出場、同2位の197ゴールという金字塔を打ち立て、ドイツサッカー史にその名を深く刻み込むことになった。

 ピサーロの名はすぐにドイツ中に知れわたった。デビュー2戦目のカイザースラウテルン戦で初ゴールを決め、続くボルフスブルク戦でハットトリック。当時ブレーメンのSDだったクラウス・アロフスに「クラウディオは信じられない才能の持ち主だ。すぐに感銘を受けたよ」と称され、主将のディーター・アイルツからは「驚くほどのインテリジェンスがある」と激賞された。そのドイツ1年目に2桁ゴールを挙げ、2年目はリーグ3位の19ゴールと大ブレイク。そして2001年夏にバイエルンへとステップアップを果たした。

 その後の長く、太く、偉大なキャリアは前記した数字から読み取れるだろう。長らく所属したブレーメンとバイエルンだけでなく、ブンデスリーガの生けるレジェンドとなった40歳の点取り屋は「まだまだ元気だけど、もう十分さ」と、開幕前に引退を決意した理由を明かしている。その「まだまだ元気」は強がりなどではない。昨季は最終節のRBライプツィヒ戦で最年長ゴール記録を更新するなど、26試合に出場して5ゴールをマーク。ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が終盤に決まって送り出す切り札になっていた。

 迎えた今季も公式戦初戦のDFBポカール1回戦で2ゴール。5部のデルメンホルストが相手だったとはいえ軽快な動きでマーカーを振り切り、ペナルティエリア外から豪快にネットを揺らした2点目は圧巻で、老いて益々盛んなところを見せつけた。どれだけ点差がついても、子供のようにゴールの喜びを爆発させる様子は20年前とまったく同じ。あと何度、あの笑顔を見せてくれるだろうか。レジェンドのラストダンスから目が離せない。

1/3ページ

最終更新:8/16(金) 18:15
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 073
9月12日(木)発売

定価980円(税込)

[特集]
加速する欧州の「10代マーケット」
日本の若手が狙われる理由

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事