ここから本文です

【RIZIN】マネル・ケイプ「ライオンキングでオールドライオンは最後どうなったか知っているか? 30秒で片づけたい」

8/16(金) 14:30配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される『RIZIN.18』の第10試合61.0kg契約5分3R(ヒジあり)で、水垣偉弥(Sonic Squad)と対戦するマネル・ケイプ(アンゴラ/AKAタイランド)が、16日(金)名古屋市内にて事前インタビューに答えた。

【写真】相手にアッパーを見舞うケイプ

「コンディションは凄くいい。パーフェクトだ」と、落ち着いた様子で話すケイプ。「速く決着をつけたい。やりたいことがたくさんあるので、1Rといわず30秒で片づけたいね。日本に1週間くらいいるのでそれを楽しみたい。スポンサーにもサービスしないとね」と“秒殺”を狙うという。

 水垣については「経験豊富なファイターであることは間違いない。ただ、経験だけでは俺には勝てないよ。俺は経験とスター性をリングに持ち込むからな」と、経験が優っていても問題ないとする。

 試合が決まってからはSNSを通じて水垣へ挑発を繰り返し、水垣のことを「おじいちゃん」「オールドライオン」呼ばわりした。

「彼がライオンであることは認める。今までに数々の実績があるからね。しかし、俺には若さがある。元々のモチベーションが比較できない。俺はまだまだこれから朝日が昇っていくような状態だし、モチベーションもさらに上がっていく。水垣は俺の動きについて来れないだろう。『ライオンキング』を見たか? オールドライオンはどうなった? その結末はどうなったか。同じことだ」と、『ライオンキング』に例える。同作では最後、オールドライオン(スカー)が正統な王の継承者である若きライオン(シンバ)に倒される。

「水垣はRIZIN何戦目だ? 俺はRIZINで何試合している? 俺の経験の方が向こうよりも圧倒的に多い。RIZINは俺のホームだと思っている。俺が門番だ」と、RIZINでは自分の方が上だと主張するケイプ。

「堀口とは機会があればもう一度戦いたい」と、2017年の大晦日に敗れている堀口恭司との対戦を目標に掲げ、水垣も打倒・堀口を口にしていることを聞くと「言うのは自由だ。。ただ、日曜日の後にそれを言えるかどうかは分からない」と語った。

最終更新:8/16(金) 14:30
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事