ここから本文です

パフェ愛あふれる一品!「ドルミール八坂の塔」のスイーツが絶品だった【京都】

8/16(金) 19:31配信

じゃらんニュース

かわいいパフェが金沢で人気の「ドルミール」。たくさんの女の子をときめかせた名店が待望の関西初出店♪

2019年6月、京都・八坂にオープンしたお店に編集部・那須が行ってきました。かわいいパフェの詳細をお伝えします。

見た目と味、どちらにもこだわった創作パフェ

ドルミールのメニューは、1年を通じて楽しめるパフェ1種と、2か月位ごとに入れ替わる季節のパフェ2種とドリンクのみ。パフェ愛あふれる職人さんが生み出すメニューたちは、一つ一つにイメージするキャラクターがあり、見た目と中身の両方でその世界観が表現されているんです。

「素朴だけど優しくて、みんなに愛される男の子」をイメージして生まれた「焦がしキャラメルバナナとほうじ茶のパルフェ」は、1年を通して楽しめる看板メニュー。男性でも注文しやすいように落ち着いた色合いを意識しているそう。

生クリーム+カラメルソースに始まり、ほうじ茶やマスカルポーネチーズのアイス、NYスタイルのチーズケーキやざくざくとしたクッキーに、バニラのパンナコッタ、アールグレイのジュレ…そして最後はキウイですっきりと。

ドルミールのパフェの魅力は食べ進めるごとに「味」「温度」「食感」が次々と変わっていくこと。「かわいくて食べるのがもったいない!」と思いつつも、気付くとどんどんスプーンを進めてしまいます。

「ちょっぴり刺激があって、色気のある女の子」をイメージしたと言われる「ピオーネとアールグレイショコラのパルフェ」。ルージュを連想させるような鮮やかなカシスやベルギーチョコのアイス、アールグレイショコラのパンナコッタなど、味がしっかりと濃厚なのが特徴です。

ですが、終盤に差し掛かるとライチのゼリーやグレープフルーツですっきりと食べ終わるようになっていて、おしゃれをした女の子が普段の自分に戻るさまを表現しているなんて…とっても素敵です。

いちごや丸くくり抜かれたかわいい桃がのった「桃といちごのパルフェ」の中には杏仁豆腐やチーズケーキ、白桃のジェラートやチーズクリームなどがたっぷり。まずは普通に食べて、後から白桃のピューレをかけて二度楽しめるのがうれしいです。

「派手ではないけれど優しくてかわいい女の子をイメージした」と言われるパフェは何度も食べたくなるような優しい甘さで、フルーツそのものの美味しさも引き立ちます。

このパフェはどんな子なのかな、と思いを巡らせながら一口ずつ味わうのも楽しいです。

1/2ページ

最終更新:8/16(金) 19:31
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事