ここから本文です

【RIZIN】4連勝狙うあい、20歳時の身体を目指してフィジカルを強化「美憂ちゃんと同じように勝ち続けていければ」

8/16(金) 19:55配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される『RIZIN.18』の第3試合女子49.0kg契約5分3R(ヒジあり)で、タバサ・ワトキンズ(米国/Scorpion Fighting System)と対戦するあい(KRAZY BEE)が、16日(金)名古屋市内にて事前インタビューに答えた。

【写真】がっしりした身体つきになったあい

 あいは2006年にジュニアオリンピック52kg級とアジアカデット選手権52kg級の二冠を達成したレスリングエリート。『格闘代理戦争』の女子トーナメントに参戦し、準決勝で古瀬美月に敗れるも強い印象を残した。RIZINでプロデビューを果たすと、川村虹花をパウンドで仕留めTKO勝利で初陣を飾り、その後もDEEP JEWELSで活躍しこれまでMMAでは4勝1敗の戦績を誇る(※プロMMA3勝)。

 前戦では6月のDEEP JEWELSでグラップリングで成長を見せる山口さゆりを相手に1階級上の52.7kg契約で2R リアネイキドチョークで一本勝ちをマークしたばかり。

 あいは「フィジカルを強化してきた」と言い、「今回は前回よりも通常体重が4~5kgくらい増えていて。それで今回は54.0kgくらいから減量して49.0kgに臨むことができました。前回は減量無しで試合に出ていたので、その分、力も身体も弱かったと思います。今回はしっかりフィジカルを付けてきました。ロープ上りが簡単にできるようになりましたね。MMAを始めたばかりの時は手だけでロープを登れなかったんですけれど、今は全然、手だけで登れるようになりました。そこで実感しています」と、筋肉で体重を増やすことに成功したようだ。

 身体のイメージは「20歳くらいの時とかですかね(笑)。10年前くらいになるんですけれど、その時が一番、身体が自分の中で良かったというか。そこに戻す努力を今しています」という。これは今回の試合のためではなく「最初の格闘代理戦争の時から体重を増やす努力をしていました。多分、その時は(トーナメント出場選手の中で)一番軽かったと思うので。戦える身体ではなかったですね。そこから徐々に体重を増やすことをずっとやってきました。だいぶ49.0kgで戦える身体になりつつあります。まだもうちょっと足りないかなとは思うのでもっと増やしたいと思っています」と、MMAに転向して以来取り組んできたもの。

 対戦するワトキンズについては「いろいろ試合を見させていただいたんですが、腕十字が凄い上手だって印象があります」と評し、「(格闘代理戦争の準決勝で)負けてしまった原因が腕十字だったので、ずっとそれをひきずっていた部分もあって。今回腕十字が上手な対戦相手なので、勝っていいふうに終われたらなと思います」と、過去のトラウマを払しょくしたいとした。

 また、「勝ちにこだわる試合をしたいと思っています。ここを勝っておかないとという気持ちと、年末へ向けてここは絶対に勝ちたいなという気持ちがあります」と早くも年末を見据えており、「(同門の山本)美憂ちゃんもずっと連勝しているので、足を引っ張らないようにしたいなと思います。美憂ちゃんと同じように勝ち続けていければ、と思います」と、現在4連勝でタイトル挑戦も視野に入ってきた山本美憂に続きたいと語った。

最終更新:8/16(金) 19:55
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい