ここから本文です

今後も進展する高齢化が社会にもたらす影響 2030年超高齢社会の実像

8/16(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

藤森克彦 日本福祉大学 福祉経営学部教授

<2019年8月24日号> 国立社会保障・人口問題研究所は、今年4月までに2015年の「国勢調査」を基準にした人口と世帯数に関する4つの将来推計を発表した。今後の高齢化の進展状況を見ると、30年の65歳以上人口は15年よりも10%増加し、高齢化率は15年の27%が30年には31%になるという。今後も進展していく高齢化は、社会にどのような影響をもたらすのか。 本文:1,276文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

藤森 克彦 :日本福祉大学 福祉経営学部教授

最終更新:8/16(金) 20:15
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る