ここから本文です

米国政府が中国を25年ぶりに為替操作国に認定 8月以降の人民元安は市場のロジックで説明できる

8/16(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

1ドル=7元の「壁」を突破して元安が進んだのは、中国による「為替誘導」なのか(AFP/アフロ)

<2019年8月24日号> 米中間の対立が激化している。8月1日には、トランプ米大統領が中国からの輸入品ほぼすべてを対象に第4弾の制裁関税を9月から発動すると表明した。同8日に中国税関総署が発表した1~7月の貿易統計(ドル建て)では、中国の対米輸出が前年同期比で8%、輸入は28%減少したことが明らかになった。 本文:1,384文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

梶谷 懐 :神戸大学教授

最終更新:8/16(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る